FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

初対面

雨が降ったり、早朝から所用で歩けん日が数日続いたので、腰が痛くなった。
どんよりした雨上がりで虫的には期待できんかったけど、
おとといは珍しく夕方出かけてみた。


期待しとらんかったし、足早に歩きつつも、目はやっぱり探しよる。
なんてことない雑草地のイタドリが気になって足を止めた。

一見葉っぱの先が枯れとる風。もしくは縮れた枯れ葉がくっついとる風。

フサヤガ


ところが寄って横から見ると……。

フサヤガ

やっぱしね。

フサヤガ。というガっちゃん。
(もしかしたらコフサヤガかもしれん)
もー、ガっちゃんたちの擬態にはいつもながら舌を巻く。

フサヤガ

ガの仲間には、腹部をこんな風にシャチホコのように上げるやつが多々おる。
このひとの場合、それによってより一層擬態の効果が上がっとるけど、
こんなやつ↓とか、なーんでわざわざこんなカッコするかなと
ついつい笑みが出てしまう。
端から見たら気色わるかろーや。

ナミガタシロナミシャク

このまえマンソンの灯りに来たナミガタシロナミシャク
写真の角度が悪くて腹の反り返りが伝わらんけど。
でも美麗ですやろ。


−−−−−−−−−−


林縁では、見るともなしに白いものが目に入った。
シジミチョウか……

ミズイロオナガシジミ

ン??????? なんかやたら白いぞ!
しかも翅の模様がものすごはっきりしとるし。
こんなん見たことねーぞ!

ミズイロオナガシジミ

触覚の先端のオレンジがステキやん。
そらもうテンション上がりまくって、
写真も確実にピンが来とるのを現場確認して。

帰って調べてみましたら……
おそらくミズイロオナガシジミ
1年のうち、6〜7月の一度しか成虫を見れんという、
いわゆるゼフィルスの一種。
なんと福岡県レッドデータリストでは絶滅危惧II類!
(絶滅の危険が増大している種)
でもネット上に上がっとる写真群と違って、
ちょっと後翅のラインに乱れがあるけん自信がない。
ので、チョウのことではいつもお世話になっとるサイト
蝶の図鑑』さんの掲示板で質問。
「ミズイロオナガシジミで間違いありません」との回答をいただいた。
きょー!
どうせどんよりしとるし、と一度は置いて行きかけた重いガンレフ、
思い直して持って出てよかった〜〜。
いつ何がおるかわからんけん、やっぱり出かける時は必携やな。


クヌギとかコナラを食樹とするこの種は、
それらの雑木林が減ったことがそのまま個体数減少につながっとるらしい。
もちろんそんな希少なのを見れたことはうれしいけども、
ホームグラウンドにまだ生息しとったというのが何よりうれしい。

まだまだ出会えとらんのがワンサカおるのはもとより、
もしかしたら他の希少種も期待できるかもしれん。
丘のような小さい山やけど、潜在能力はあなどれんです。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://couleur64.blog.fc2.com/tb.php/85-4a8347a9