FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

イボタガその後

先週、イボタガの幼虫が終齢になったところまで書いとったですが、その数日後のこと。

今日も食料補充せんといかんかなあ、と、朝の虫歩き前、飼育ケースをのぞくと。
いろんなブログ様で拝見させていただいたとおり、背中がオレンジ色に変色して徘徊する幼虫が。

イボタガ

これはこれでなかなかインパクトのある姿やないか。
歩くスピードもけっこうなもの。

イボタガ

背中にロウ塗られたろ?て聞いてみたくなるな。


そして考えた。
どうしよう。

前にも書いたように、イボタガはこの時期土にもぐってサナギになったら、来年の春まで羽化しませんから。
その間の温度や湿度の管理がお前に、とゆうかおれに、ちゃんとできるのか?
土を取ってきてチャレンジャーになるのか、安全策をとって元おった場所に戻すのか。
戻したからとゆうて安全なわけではもちろんないのだけれども。
うむ。ヘタレな私はいそいそと戻しに行きました。
来年の春は重点的にそのあたりを搜索して、羽化成虫をぜひ拝みたいもんだ。




あ、そやった! 大事なこと書くの忘れるとこやった!
このカラーリングに変身する前、大事件があったんでした!

その日の朝も起きてすぐ、エサの確認するために飼育ケースをのぞいたところ……
あれ?
おらん。
なんで?
フタ開けて探してもどこにもおらん。
はっ!!!
もしかして……。

エサ用の食草は、キッチンペーパーで根元の方をくるくる巻いて、なるべく隙間ができんように水が入ったガラス瓶に突っ込んでおります。
以前、そのまま挿しとったら、水に落ちてナガサキアゲハがお亡くなりになったので、それ以来、上の方式です。
なのでちょっとやそっとでは水死できんようになっております。
のはずだったのに。
おそるおそるガラス瓶を横から見て確認すると……

がーん。どーん。ずーん。

頭から水没しとる……。

体がへなへなになりました。

水から引っ張り出して触診してみたけど、やっぱり脱力してふにゃふにゃ。
すまん……。
けどなんで?
けっこうキッチンペーパーをキツキツに突っ込んで、しっかり意志を持っとかんと入り込めんくらいだったと思うんやけどなあ。
オレンジ変色後ならば、サナぐためにもぐろうとして戻れんくなったとか、考えられんこともなかろうけど。
自殺? などと高等な意識をもっとるとか? あのひも突起はそのあらわれであった。とか? アホか。
わからんな。
とりあえず出かける準備する間、そのまま放置。

なんやかんやの準備が整い、さて、おまえも土に返してやらねばならんな。と、つかもうとしたらば。
ん?
かすかに体表の張りと脚の抵抗力を感じました。
ぷにゅ、と軽く押して見ると、
なんと!
かすかに体を曲げて反応するでないか!
つまみあげようとすると、脚に力入れてキッチンペーパーにしがみつこうとするでないか!
よかった! 生きとった! よー生きとってくれた!
まだ安心はでけんけど、とりあえずひと筋の光が射した。
けどお前の身に(こころに?)何が起こった?
マジ教えてほしいぞ。


ひとりで大騒ぎする私と、それを眺める相方と姫。
私の精神が安定して、二人は胸をなでおろしたのであるという。
よくある我が家の光景。

その日の虫歩きは、おほほ、うふふ、これが天にも昇る心地と言うのかしら、などと声に出しながら歩くことはもちろんしませんが、取って帰った食草を食い始めた時は小躍りしたものでした。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://couleur64.blog.fc2.com/tb.php/213-27c5e69c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。