FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

夏休み/完結編

石垣島、ほんとに完結編です。


今回は番外編。


結局最後まで写真は撮れずじまいやったけど、
車を走らせよったら、草むらから草むらへちょこちょこと走り去るクイナに何度も出くわした。
ゆるりと路側帯歩きよるやつでも、車止めてカメラ準備しよる間に、
そそくさと薮に逃げ込んでしまって絶対見つからん。
森探検のガイドさんに聞いてみるとシロハラクイナだそうで。
我々にとって、最初のアイドルとなった。
石垣島でも島を代表する鳥の一種みたいで、
その後、いろんなグッズにモチーフとして登場しとるのを見た。
でもそんなふうな行動とるんで、しょっちゅう車に轢かれるらしい。
どうにかできんかな。できるんならもうやっとろーしな。


−−−−−−−−−−−−


海岸に出れば必ず会えると言ってもいいオカヤドカリ
そこそこの大きさがあるけん、表情?まで見えるようで楽しい。
やっぱりこれも「○○オカヤドカリ」が何種類もおるので、
細かい種名までは不明です。

オカヤドカリ


−−−−−−−−−−−−


波も穏やかな湾奥の砂地で見つけたソデカラッパ
このあたりでよく見るカラッパとは根本的に違う気がする。
カブトガニが進化したみたいに、大きなかさの下に体や足がすっぽり収納される。
カメノコハムシ/ジンガサハムシ的でもある。
おもしれ〜〜。

ソデカラッパ

でもカブトガニと違って、逃げ足はめちゃくちゃ早い。
置いたら一瞬で砂にもぐってしまい、目だけ出してあたりをうかがう。

ソデカラッパ


−−−−−−−−−−−−


目といえばこいつ。

ミナミメナガオサガニ

長!
その名もミナミメナガオサガニ。たぶん。
なぜか検索してもあんま画像が出てこんのよねー。
自信なし。

その長い目(長いのは目じゃないけど)はこのように収納される。

ミナミメナガオサガニ

いいねー、いい味出しとるねー。


マングローブを形成する植物の代表ヤエヤマヒルギの子どもたちが
ぽつりぽつりと顔を出す、こんな河口部に棲んでおりました。

ヤエヤマヒルギ


3泊4日、遊びに遊んだですよ。
めちゃくちゃよかったですよ。
でもでんでん足らんですよ。
スノーケリングも足らん、マンタも見てない、虫探しも足らん、
その他の生き物探しも足らん、干潟遊びもしてない、
釣りもワンヒット&ボーズ、満足にできとらん。
観光地はいわずもがな、なにしろ川平湾すら行っとらん。

やりたいことが多すぎて、何もかもが中途半端。
教訓。
ビーチスノーケリングは満潮時に行うべし。
リーフ釣りは干潮時に行うべし。
その二つを軸にしてツアーの予定を組むべし。
腰をすえた虫探しの時間をちゃんと取るべし。
竹富島は最低でも半日はかけて行くべし。


でもまた次は次で西表まで行きたい!とかなるんやろなあ。
さあ、次回に向けて積み立てしよ。

長らくおつきあいいただきありがとうございました。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

スポンサーサイト
0

夏休み/マンタ編

石垣島遠征、前回終結風だったですけどね。

まだ続く。
マンタツアーのことも書いてねーし。


そのマンタツアーは3日目午前中に予約しといたんで、
早めに現地方面に行ってちょいとリーフ釣りするつもりで
レストランのオープンと同時に朝飯食って、
着替えもすませ、いざ出陣!
ってタイミングで、ツアー申し込んどるショップから電話。

天気も海況も問題ナシのはず、出発前の電話確認かと思いきや、
「たいへん申しわけないんですが、昨日のツアー帰り、
船のエンジンがこわれてしまいまして……」
代わりの船を出してくれるところを探しまわったけど、
どこも空きがなく、てことらしい。

あまりにも打撃が大きくてちょっと固まってしもた。
天気ならあきらめつくけど、それはあまりにもあれでしょ。
そんならなぜ昨日のうちに電話なりメールなりせんのか?
ま文句ゆうてもしょうがないけん、言葉飲み込みましたよ。

それからバタバタと別のツアー探して電話すること数軒、
午後コースをなんとか予約できた。
空きがあってよかった〜〜。



そおゆうわけで、ポッカリ空いた午前中。
ツアー後に行く予定だった川平湾観光くらいにしときゃいいものを、
「よし、竹富島行こ!」
そんなわけで、前回書いた強行軍になったわけです。

竹富島

竹富島から戻って昼食、指定された待ち合わせの港に着いたのはジャストタイム。
ウェットスーツに着替え、そこからマンタポイントまで約50分の船旅。
連日の疲れから、私も姫もデッキで即寝落ち。
ポイントでは先行の1日コースのお客さんたちと合流して
いよいよマンタスノーケル開始。



底が見えん場所でのスノーケリングはもちろん初めてけど、
ガイドさんがブイを引きながらいっしょに泳いでくれるので姫でも安心。
てゆか、家族でいちばん泳ぎが達者な姫は堂々たるもんで、
いちばんオドオドちゃんなのは相方。
ずっとブイにつかまったまま引かれてました。

底は見えずとも、海中に向かってさす光の束はえも言われぬ美しさ。
時には珊瑚礁の魚たちを眼下に眺めながら、
時にはぼーっと陶酔しながら、ひたすらマンタを探しまわる。
しかし。
そうそううまく事は進まん。
探せども探せども……。


一度上がって小移動した後、様子見にもぐったガイドさんが海上に顔を出し、
「マンタ1枚います!」
キャプテンが「船を真上につけます!」
と操船する間に、あわてて準備する我々。
が……
「いなくなっちゃいました」
あー、惜しかったー。
こればっかしは野生の魚相手なんでしゃあないもんな。
けど知りたくなかった事実……
実は午前中はマンタ見れたそうです。
てことは予定通り午前中出とったら見れたかもしれんやん!

でもいいんです。
ウミガメは見れたし。



無駄とわかっていても姫は追いかけずにはおれんようです。
アオウミガメでしょうか。
右足がなくて痛々しい。
外敵にやられたのか、船のスクリューにでもやられたのか。

見つけた時は、岩がいきなり動き出したように見えて、
何が起こったか一瞬わからんかったけど、
事実を認識したあとは、ぶわーっと何かの感情が押し寄せてきて。
これまで何度となく水族館で至近距離で見てきたけど。
これだけ離れてはおったけど。
たかが1匹のウミガメやったけど。
うまく言葉にできんけど、なんてゆうか、
「地球」を全身で感じたできごとでした。


積乱雲が遠くの方で出てきたので、マンタはそこで終了、
またちょっと移動して珊瑚礁があるポイントで遊んで帰るそう。

そこのサンゴ群と地形がつくる高低差のあるダイナミックな風景は、
ビーチスノーケリングでは決して味わうことができんものでした。
その景色に圧倒され、アドレナリン噴出の様子が
まんま定着しとる写真/動画しか撮れてなくて、
つまりは何を撮っとるかさっぱりわからん!
サンゴの種類は多いし、魚もやっぱりビーチで見るのより大型が多いし、
タカサゴかササムロの群れに囲まれたりもあったんやけど、
お見せできるようなカットがなくて、まことに残念でござる。

さきほどの積乱雲が見る見る巨大化して、
帰路についたあたりでポツポツ来はじめたと思たら、
あっちうまに土砂降りスコール。
帰路はずっと雨雲の下で、港につく頃にようやく小降りになった。
これもまたひとつ、南国の思い出。


−−−−−−−−−−−−


最後の夜くらい街中もちょっとは歩きたい。
ユーグレナモールあたりをブラブラしながらメシ屋を探す。
あれやこれや迷って入った店のおかげで激しく気分を害したので、
締めになんか別のことで補わんと収まらんやんか。

帰り道、ホテルに向かうメイン通りから、畑や野原がひろがる脇道へと入る。
相方と姫は「またはじまったけど、つきあわんとおさまらん」ことを、
互いに無言で語り合う。
付き合ってくれてありがとう。
でもおまえらも好きやん? 結局ノリノリになるやん?

実のところ、前日大型のカエルがそのあたりで車に轢かれるのを
目撃しとったので、雨上がりの今日はたぶん見れるはずとゆう思惑があった。

案の定結果はすぐ出た。
大型ヒキガエルっぽい体型なので、
動きものっそり、撮影も楽勝なはずとタカをくくっとったら意外や意外、
近づくとすばやい連続ジャンプでさっさと草むらに逃げ込むではないの。
何度目かの出会いで、ようやく近距離で撮れた。

オオヒキガエル

でかい!
ヒキガエルの仲間は押し並べて大型やけど、これも15センチはありそう。
耳の後ろの毒腺もでかく、うかつに触らん方がよかろう感アリアリなので、
めずらしく相方も姫もおとなしく見守るだけ。
↓大きさ比較用に。

オオヒキガエル

まんまな名前やけどオオヒキガエルなり。
ヒキガエルとしては標準サイズって気もするけど、
中南米の原産地では22センチにまで巨大化するってよ。
そう、そもそも日本にはおらず、サトウキビの害虫駆除のため移入された。
と、ここでもあそこでも聞いたような話。
移入したはいいけど、毒があるので天敵はおらん、
さらに驚異的な繁殖力で在来種をおびやかし、
今では生態系を破壊するとして完全に悪者扱いされとるかわいそうなやつ。

もいっこそんな話があった。
前日の昼間もちょっと田んぼ道の方に入って、
じわじわ徐行で車を進めよったら、前方の草むらから
首が青いキジ型の鳥が2羽出現した。
頭にはカンムリのような飾り羽根。
どっからどう見ても「クジャクやん!」
なんでクジャクがここにおるのか???
近くの店で聞いてみると、その昔観賞用に持ち込まれた
インドクジャクが野生化したらしい。
台風で壊れた檻から逃げ出したり、管理不備で逃げ出して……。
やはりオオヒキガエル同様、在来種をおびやかす存在として
駆除の対象になっとるとのこと。
これもまた、どこにでもある、なんだかなあなお話。


これで終わるのもアレなんで、
次回(しつこい!)、ここまでに登場してない生き物たちで締めます。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

夏休み/虫編

いよいよ石垣島遠征・虫編です。


初日
空港に着いて、まず島南部をぐるっと軽くドライブしてみた。
最初に出会った南国の虫はこのひと。

南の島といえばチョウ。
リュウキュウアサギマダラとの初対面。

リュウキュウアサギマダラ

アサギマダラみたいなえんじ色はないけど、浅葱色がより目立って美しい。
なかなか敏感なやつで、ようやく撮らせてもらえた。
成虫もいいけど、イモムシストとしてはやっぱ幼虫見たいなあ。


−−−−−−−−−−−−


一方こっちはいかにもすぐ飛びそうなくせに、じっと撮らせてくれた。

ヒゲマダライナゴ

全体透明感のある淡いグリーンに覆われたカラーリングは
この形のバッタ系ではあまりおらん気がする。
見たことない種類なのは明らか。
ヒゲマダライナゴですか。
宮古・伊良部・多良間・石垣・西表・与那国島に分布。6〜8月成虫。
(参考:バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑/北海道大学出版会)
名前通り、長い触角がシマシマなのは大きな特徴やね。
名産品のサトウキビにとっては天敵のようです。


−−−−−−−−−−−−


初の目立った甲虫はイシガキゴマフカミキリ

イシガキゴマフカミキリ

これもまた本土のゴマフカミキリとは色や模様の入り方などずいぶん違う。
けど、樹皮におったら、なかなかの保護色なのは同様。
他にミヤコゴマフカミキリ、ハテルマゴマフカミキリ、ヨナグニゴマフカミキリ
とそれぞれの島に棲むのはそれぞれ別種のごたーですよ。
どこがどう違うのかはわかりません。


−−−−−−−−−−−−


「インディアンの楯」クロジュウジホシカメムシ
かっけー!

クロジュウジホシカメムシ

海岸のオオハマボウにいっぱいおった。
見つけたときは小躍りしたんやけど、意外にも九州南部にも普通におるって。
頭が白いシロジュウジホシカメムシってのもおって、そっちが沖縄諸島モノ。
どうせならそっち見たかったな。
比べるとシロジュウジがイイモンでクロジュウジはワルモンに見える。
まーどっちにしたってここ(家)におったら見れんけん、いいっちゃけど。

そして時間軸的にはこの日の夜、「夜の森探検ツアー」へと続くのであった。


−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−


2日目
ハイビスカスに水色ボーダーのハナバチ。
ん〜、南国!

アオスジコシブトハナバチ

アオスジコシブトハナバチ
これ、相方撮影。
残念ながら先を急ぐ私と姫は見れてません。
奄美大島以南に生息。
本土のスジボソコシブトハナバチとかと同じく、
夜は集団で枝や蔓にあごでぶらさがるようにして寝るってよ。
それも見てーなー。かわいかろうやー。


−−−−−−−−−−−−


オキナワテングスケバ
イネ科植物をちうちうするらしいけど、なぜかパパイヤの葉影におった。
避暑?

オキナワテングスケバ

本土のテングスケバは全体的にペールグリーンでやわらかな印象ですが、
こちらのベースカラーは黄色が強く、翅脈の黒い部分がハッキリしているなど
しゃきっとした印象。
しかし愛すべきオトボケな雰囲気はまったく同様すね。
沖縄本島以南に分布。


−−−−−−−−−−−−


形的にはチョウトンボやけど
色がぜんぜんちゃうやん?

オキナワチョウトンボ

オキナワチョウトンボとゆう名にふさわしく?
カモフラ柄になっとる。
本土のチョウトンボと同様、水草の多い池などに多いらしい。
生息域は奄美以南とあったり沖縄本島以南とあったり。
トンボ類はほかにもちっちゃーいやつとか含め、
いろいろおったけど写真が撮れてない。


−−−−−−−−−−−−


私が釣り、姫が貝殻拾いにいそしむ間に、
相方が帽子の中に確保しとった獲物。
見た瞬間私も姫も狂喜!

アオムネスジタマムシ

アオムネスジタマムシ!
実はここに来る前に遊んだ海岸で、前翅だけ姫が見つけとって、
生きたのおらんかな〜と話したばかり。

ちゃんと写真が撮れんので、逃げられるの覚悟の上で解放してやると、
ふっとすぐ飛んだけど、近くの葉っぱに止まって
ちょこちょこ歩いて裏に回り込む程度。
逃げ足の速いヤマトタマムシとはえらい違い。
撮影楽勝。

アオムネスジタマムシ

この蛍光塗料の粉をまぶしたようなグリーンは、
どうやら鱗粉の色で、触るとすぐとれて指にうつる。
成虫はこのあたりの海岸でいたるところに生えとるモモタマナの葉を食べ、
幼虫はその枯れ木を食べるってことで、ものすご普通種なのかもしれん。
けどこの美しさには身震いも禁じ得んやろ。

アオムネスジタマムシ

生息は奄美以南。


−−−−−−−−−−−−


見たところ、細長いジョロウグモ。
ちょっとコワモテで悪そう。

オオジョロウグモ

けど驚きなのはそのサイズ。
足まで含めると15センチはあるね。
いやマジで。

これでその大きさ、伝わるやろか?
でかいくせに意外と敏感で、手を近づけるとささっと逃げてしまい、
これでいっぱい。
手は11歳の姫。

オオジョロウグモ

前日の夜の森ツアーで、話には出たけど見れんかった日本最大のクモ、
これがそのオオジョロウグモでした。
本土のジョロウグモやコガネグモなんかと同じで、
巨大なのはメスのみ、オスは体長10ミリ程度だそうな。
奄美大島以南に生息。


−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−


3日目
不測の事態から午前中が空いたので、
「星砂を拾いたい」とゆう姫のリクエストで、急きょ竹富島に渡った。
家並み見物はそこそこに、レンタルチャリでゆっくり海岸へ。

海岸では姫はほぼ一カ所から動かず、ひたすら地道に星の砂集め。
私は持参のパックロッドでしばしキャスティング。
一発トップに出たものの、移動中にメインラインに傷がついとったのか、
合わせと同時にラインブレイク……。
後にも先にもその一発きり。

予定の海岸滞在時間を大幅に超えてしまって、
大急ぎでチャリ屋へ。
「スローな時間が流れる竹富島」をほとんど味わうことなく、
2時間半の滞在は終了。
予定の船に乗らんと、午後のマンタツアーに間に合わんので、
ここはどうしても戻らんといかん。
3時間しかねーのに竹富島に渡ろうとゆうのはあまりにも無謀やった。
何しに行ったんやろ。


その竹富島で撮れたのは、チャリ道中のスジグロカバマダラのみ。

スジグロカバマダラ

大集団で移動・越冬するカバマダラによく似とるけど、
翅脈が黒いので、素人の私にも違いはわかりやすい。
カバマダラ同様、体内にはガガイモ科植物由来の毒あり。
宮古島以南に生息。


−−−−−−−−−−−−


石垣島最後の夜、夕方スコールが降ったせいか、
やたらとカエルが鳴きよる。
ホテルの植込みからも聞こえるので、当然探しに行きますわね。
当然近づいたら鳴きやみますわね。
姿ももちろん見えません。
が、闇の中に1点の光が。

正体はこいつ、陸生ホタルの幼虫でした。
でかい!



調べたところ、石垣島に生息するこの大きさのホタルといえば、
オオシママドボタルサキシママドボタルのどっちか。
で、やっぱりどっちがどっちか見分け方がわからん。
成虫になると大きさや出現時期で簡単に見分けられるってことやけど。
幼虫は陸生巻貝を食べて育つ。

どちらもいわゆるホタルらしい姿になるのはオスのみで、
メスを画像検索してみたら、ほぼこの幼虫の形状のまま飴色にしただけの感じで、
翅は退化して飛ぶこともできんって。
てことは生息域はほぼ固定されとるってことよねー。
さらに、サキシマのほうは成虫になるとほとんど発光せんげな。
他の光らんホタルと同じく昼光性なんかな?


最終日
ほとんど積極的な虫探しするヒマもなく、とうとう最終日。
初日の夜見たナナホシキンカメムシだけは
どうしても昼間撮っときたい。
実はかなりありふれた種で、灯火なんかにも普通に飛んでくるらしいけど、
結局あれから見らんかった。
ポイントはほぼ特定できとったので、迷うことなく目的地へ。

おったおった。

ナナホシキンカメムシ

ナナホシキンカメムシ

ナナホシキンカメムシ

ナナホシキンカメムシ

は〜〜、うつくしか〜〜〜。
もちろんこの日もあちこちに集団でおったんやけど、
単発でちゃんと撮りたかったので、単独行動中のやつを。

普通カメムシとゆうと、左右の翅が互いに背中で合わさっとって、
こんなふうにつるんとしとらんですよね。
かといって、甲虫のように左右に分かれるさや翅があるわけでもなし。
ならいったいどうなっとる?
実はこの背中、固い小楯板(しょうじゅんばん)が発達して、
全体を覆ってしまっとるんですってよ。
↓参考画像(囲んだ部分)

小楯板

それによって、弱い腹部をむきだしにすることなく、
後翅のみで飛び回ることができるようになっとるんだと。
カナブンの仲間なんかと同じですね。

ナナホシキンカメは多くのカメムシたちのような臭いガスは出さんらしい。
かわりに身を守る術として、こおゆう体の構造や派手な色を持ち、
成虫になっても集団をつくったりするようになったんだろか。
それとも逆なのか?


−−−−−−−−−−−−


ふ〜〜。

たいして虫には出会えんかったなーと思っとったけど、
いざ書いてみるとけっこうな数おりました。
これでも撮れとらんやつとか、選外のやつとかおるし。
オオゴマダラも見たのに撮れんかったもんなあ。
でかかったなあ。
昔から虫先人の方々が南西諸島に魅了されるわけが
よーくわかりました。

またいつか、ぜったい。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

4

夏休み/地上の夜編

石垣島遠征・夜の生き物編です。

とにかく初めての石垣島、下調べする時間もなく、
どのあたりをどう探せば南西諸島の固有種に出会えるのか皆目わからんので、
とりあえずひとつガイドツアーに参加してみるべし!
てことで、到着したその日、夜の森探検ツアーに参加しました。


あ、その前に。
今回の旅行に出発する5日前、愛用のガンレフがいきなり壊れた。
カード書き込みもできんければ、電源を落とすことすらできん。
サービスセンターに持ち込んだものの、
そこで治せる症状ではなく出発までには間に合わんと言われた。
ま、日数からして無理は覚悟しとったけど、なんちゅう間の悪い。

なので、悲しいかな今回の遠征録はすべてコンデジ&スマホ画像のみです。
しかもこの夜のツアー、ストロボなしでどうにかしてやろうとゆう
暴挙に出ており、なかなか悲惨な出来映えです。
ぬーん。

−−−−−−−−−−−−

夕闇が近づく中、現場に到着早々空からむかえてくれたのは、
ボリュームがカラスほどもあろうかとゆう
ヤエヤマオオコウモリたちでした。
一度は横顔のシルエットがはっきり見えるくらいのところを横切って、
なんかもうそれだけでこみあげてきたもんです。
身近なコウモリってことやけど、結局この時しか見てない。写真ナシ。


−−−−−−−−−−−−


眠るベニモンアゲハ!

ベニモンアゲハ

ジャコウアゲハとモンキアゲハのハイブリッドみたいな模様だ。
やはりジャコウ同様、赤い腹は警告色で、毒蝶。
幼虫もジャコウにそっくり、食草もリュウキュウウマノスズクサだと。
もともとインド〜東南アジアの熱帯のチョウで、
昭和40年代に八重山に定着、以降は例にもれず北上中。
現在は奄美群島まで分布域を広げとるげな。


−−−−−−−−−−−−


眠るリュウキュウアサギマダラ!

リュウキュウアサギマダラ

うんうん、これもまたいかにも南国らしいではないか。
こちらも食草ガガイモが含むアルカロイドを持ったまま成虫になるらしいので、
捕食者にとってはいい迷惑。


−−−−−−−−−−−−


そして!

ナナホシキンカメムシ

早くも出たよ。
出ちゃったよナナホシキンカメムシ!
これだけはぜっっっっったい見たかった!
むちゃくちゃキレイ。これはまさしく宝石ですよ。
まるで甲虫の様相を呈する背面はもちろんやけど、
瑠璃色と赤に塗り分けられた足がまた繊細で美しい。

カメムシの仲間は幼虫時こんな風に集団をつくったりするけど、
なんで成虫になってまで集団でおるんやろ。
ここにも鈴なり、あっちにも鈴なりで、心なしかありがた味が……。
否。そんなこたーない。
ここでしか見れんのやし。
言うわりに写真がヘボくて残念すぎるけど。


−−−−−−−−−−−−


森のアイドル(?)キノボリトカゲ!
亜種が「オキナワ」と「サキシマ」とあってどっちかわからん。
聞くの忘れた。

サキシマキノボリトカゲ

トカゲとついてはおるけど、本土で見られるニホントカゲとはまるで別物、
もう何とゆうか、完全に熱帯系。
「ぐりん」とした目とか、いかにも木登り得意そうな指とか、
背中のトゲトゲとか。
こんなのがあたりまえのようにここに生きとる現実が素直にうれしい。

ガイドさんの「コレ見たら愛さずにはいられない」発言どおり、寝姿も満点。

サキシマキノボリトカゲ


−−−−−−−−−−−−


この探検の間じゅう、木の上から聞こえよった
甲高い「ぴん、ぴん、ぴん、ぴん」とゆう声。
鳥のようにもきこえるけど夜やし、
その主はこのアイフィンガーガエルでした。

アイフィンガーガエル

石垣島、西表島、台湾にしか生息せず、
しかも日本で唯一、母ガエルが子育てをする!
母ガエルは樹洞の水たまりなど数カ所に卵を産み定期的に巡回し、
オタマジャクシが孵ったら、なんと、
自分で無精卵を産みエサとして与えるんだと!
たまらんめーが、この!

まさにこのひとがおったすぐ近くには、
樹洞の水たまりで泳ぐちっちゃいオタマジャクシたち。
どう見ても一時的な水たまりっぽくて、干からびんのやろかと思うけど、
そこもちゃーんと計算済み、そうならんところを選ぶんやて。
泣けるぜ、母ちゃん。


−−−−−−−−−−−−


は〜〜〜〜。

見るもの聞くもの初めてのが目白押しで、
ずっと上がりっぱなしであっとゆう間に終了時間。

もちろん見れたのはこんなもんじゃなくて、写真に収められんかった
サソリモドキ、眠るアカショウビンコノハズク
サキシマヒラタクワガタオオシママドボタルの幼虫。
ほかにもバッタ・カネタタキ・ツユムシ・ゴキブリの仲間、などなど
おそらくほとんどが本土におらんやつ。

まーそれにしてもガイドさんの「森目」には驚かされました。
大まかな居場所は把握されとるんでしょうが、次々によー見つけなはる。
ツアー参加は大正解でした。
しかし……。
早くも「3泊では時間がまったく足りん!」ことを実感しはじめた
初日の夜だったのだ。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

夏休み/海編

7月最後の土日をからめて、初の沖縄、しかも石垣島に行ってきました。

ちっちゃい頃、近場でスノーケリングの楽しさを覚えてしまい、
「沖縄行きたい!!!」とずっと言い続けて来た姫のリクエストでもあり、
でもどうせ行くなら本島じゃなくて先島やろ、てことで。

しかしさすがマリンレジャーの本場、
スノーケリングのツアーを行っている地元のショップはいったいどんだけあるんだろうか。
選ぶのにめちゃくちゃ悩みました。

最終的に決めたのは、「石垣行くならマンタ見たい!」
ので、マンタツアーを行っているショップ。
世界中でいちばんマンタ遭遇率が高いといわれる石垣島。
もちろんマンタが見られるのはそれなりの深場なので珊瑚礁はあんまり見れん。
1日コースでマンタ+珊瑚礁とゆうツアーもあるけど、
姫が体力的に自信がないとゆうので半日コースにして、
珊瑚礁はビーチエントリーできる安全な場所で、自力でやる!
その分荷物は多くなるけどせっかくやし。
二つもツアー組めるほど裕福じゃねーし。


とりあえず石垣初心者やけん、メジャーで定評ある米原海岸へ。
目の前に広がるエメラルドグリーンの海の風景は、
とうてい写真で伝えられるもんではないので割愛。
てのは方便、うちの一家はテンション上がると写真そっちのけで、
目の前のもの・ことに没頭する傾向にある。
のでいわゆる定番写真的なのがないんよねー、どこ行っても。
まいいんですけど。


−−−−−−−−−−

海に入る前からコバルトブルーのルリスズメダイらしき姿が
あちこちに見えとる。
入水して数mでこの景色。

ルリスズメダイ

透明度が違う、魚の密度が違う、魚の種類が違う、そしてもちろんサンゴ!
水族館の「亜熱帯の海」の実物。
その光景に圧倒されて夢中になり、これまた写真が少ない。
少ない中からいくつか。(撮影はすべて相方)

−−−−−−−−−−

珊瑚の海といえば、誰もが出会いを期待するこの人気者。

カクレクマノミ

カクレクマノミ&ハタゴイソギンチャク
誰もが知る共生関係。
こやって写真にすると見慣れたワンシーンにしか見えんけど。
でもこれが、幼児でも遊べる海水浴場に普通におるんやもん。
そりゃあ上がるってもんでしょ。

ところがこれ、相方しか見てないんよね、実は。
私と姫がどんどん沖の方へ移動したのに、
ねちっこく浅場で動き回りよったのは正解だったのかもしれん。
だって浅すぎて動きづれーし、もっとでかい魚も見てーし。
はい、アホウです。せっかちです。どーしょーもないです。

−−−−−−−−−−

それでもこっちのクマノミは見れた。

クマノミ

やはりカクレと同じようにイソギンチャクと共生。
さらに、ここにはこれを囲むように黒い小さい魚たちが群れとる。

ミツボシクロスズメダイ

ミツボシクロスズメダイ
の幼魚だそうな。
水色のスポットもえらくシャレとるし、
なんかもうその様子がかわいらしくてたまらんかったです。
このひとたちもイソギンチャクと共生関係にあるそうやけど、
クマノミよりも若干腰が引けとるように感じるのは気のせい?

クマノミ+ミツボシクロスズメダイ

先生と園児たちみたい。
実際はそんなメルヘン話じゃなくて、生存をかけた優位争いか。



共生……と言ってみたものの、
実際のところお互いのメリットは?
クマノミ側のメリットはわかるけど、イソギンのメリットは何やったっけ?
幾度となくTVなんかで観とるはずやのにわからんくなった。
のでちょいと調べてみた。

イソギンの刺胞(毒)に対して耐性があるクマノミにとっては、
外敵からイソギンチャクの刺胞が守ってくれる、
触手が隠れ家・逃げ込み場になる、
エサのおこぼれにあずかる、とゆうメリットがある。

イソギンチャクはクマノミ以外にも褐虫藻(かっちゅうそう)とゆう
植物プランクトンと共生関係にある。
褐虫藻は、イソギンが呼吸で出す二酸化炭素と太陽光で光合成をして
イソギンの栄養となる有機物を作り出す。
そのイソギンの排泄物を栄養源に褐虫藻が育つ。
(このあたりはサンゴ&褐虫藻の共生関係と同じ)
なんて無駄のない。

クマノミがイソギンチャクの触手に触れることで、
蠕動運動を誘発されて大きく触手を開くので、
常に新鮮な海水(酸素)を取り込め、
褐虫藻にも光合成のための太陽光をよりたくさん供給できる。
また、クマノミが共生するとイソギンチャクの成長がとても早くなるとゆう。
さらに、イソギンをつついて食べにくるチョウチョウウオなどの外敵を
クマノミが追い払ってくれるとゆうメリットも。

この3重の共生関係、どこからどうはじまったのか、
よーでけとりますねえ。
こんなひとことでとても片付けられんけど、やっぱすげーわ。


−−−−−−−−−−


ギンポ系はやっぱりかわいい。
目が、ミカンのヘタをとったところとおんなじやん。

ヤエヤマギンポ

ヤエヤマギンポ、とゆうだけあって、
生息域は琉球列島以南。
珊瑚や岩に付着した藻類を食べるそうで、
いつも這いつくばっとるのにはちゃんと理由があるんやね。
このカラーリングもなるほどやけど、しっかし地味やな。

−−−−−−−−−−

一転、そのメイクどおした?と聞きたくなるほどの派手さ。
相方をガン見するムラサメモンガラ

ムラサメモンガラ

ゴマモンガラが凶暴なのは知っとったけど、
このたび一戦交えた相方によるとこいつも相当だったそうで。
なんもせんのに突進してきたらしい。
「ちょっと本気で危険を感じた」と。

これが威嚇行動中の姿。

ムラサメモンガラ

たしかにどこか未開の部族の酋長みたいやしね、言葉は通じん気がする。
縄張りを持ち、特に産卵期は気が荒くなって、
侵入者には噛み付きや体当たり攻撃を仕掛けるとゆう。
本人にしてみればあたりまえの防御行動なんやろけど、
知らんとちょっとこわいかもしれん。

−−−−−−−−−−

でかい!
いったい何じゃい?

マンジュウヒトデ

ほぼ石やけど、模様が規則的。
それとなくウニやらの仲間系、的な。
姫が持っとったらじわ〜〜っと形がかわってきた。

その名もマンジュウヒトデだそうです。
まあそうね、まんじゅうやな。
まんじゅうやけど、上から見てもヒトデにはとうてい見えん。
沖縄以南に生息、オニヒトデ同様サンゴの天敵だそうな。
地方名ウミバコ。??……なんのこっちゃわからん。

−−−−−−−−−−

まー残念ながらおもなところはこんなもんです……
あんだけいろんな種類がおったチョウチョウウオやら
1枚も撮ってねーし。
至近距離で見たウミヘビも撮ってねーし。
これでは我々の驚きやら感動がまだまだ伝わらんではないか。
もっともっと撮ってくればよかった。

しかしこの日何より驚きだったのは、この浅いリーフ内に、
目測60センチクラスのロウニンアジ(もしくはそれに類するヒラアジ系)が入ってきたこと。
これは釣り人にとっては血わき肉おどる発見やん?
どんだけ豊かなんじゃいこの海は!
そう、夢見る釣り人は、これから出会う試練をまだ知らんのである。


つづく


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。