FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

羽化シリーズ

今年の夏は夏じゃなかったすね。
けどまあそれなりに夏らしい出会いもなくはなく、
ぼちぼち出していきたいところでありまするが、はたして。


先週の虫歩き中、壁に沿って上に伸びたマルバアサガオを
何気なく見上げてみた。

ん?

100ミリレンズでようやくこれくらいに寄れるくらいの高さ、葉裏になんかおる。
ちうちう系?ハエ系?

ホオズキカメムシ


近くで見るためには壁に片手ついて体を支えつつ、
腰上くらいの高さのフェンス上部に立ちあがらんと無理。
フェンスと壁の間には、幅50センチほどの側溝。
落ちたら絶対いてー。
そしてまわりは閑静な住宅街。
しょうがねー。
「まわりは何も見えんもんね、誰もおらんもんねモード」に切り替えて、立ち上がってみると。

おおお!


カメムシが羽化りよる!
こりゃ収めとかないかん。
もちろん片手撮影、ストロボも拡散用具つける余裕ないけんナマ。
結果、見にくい写真ですが。

ホオズキカメムシ
ホオズキカメムシ


羽化直後の成虫は見たことあったけど、
羽化中ははじめて!
考えてみりゃ、世の中こんだけカメムシおるのに、
今まで見たことないほうが謎やけど。

ホオズキカメムシ
ホオズキカメムシ


セミ同様、逆さになってじんわりじんわりせり出てきて、
すべての足、最後に触角まで抜けたら腹先だけ残して足の乾燥を待つ。待つ。
そして足が乾いたところでぐいーっと腹筋。

ホオズキカメムシ
ホオズキカメムシ


この瞬間は、こっちもつい力が入ってしまうですね。

無事、地に足がついてひと安心。

ホオズキカメムシ
ホオズキカメムシ

翅はセミほどちぢけとらんけど、やっぱし不完全。
翅が伸びて乾燥したらいっちょまえになるハズ。

見始めてからここまで15分くらいやったろうか。
セミと比べたらなんてことないっすね。

まわりにはホオズキカメムシがいっぱいおるけん、
おそらくこれもそうでしょう。
ナス科といえば、ってなやつね。
こちらは別個体。写真暗っ!

ホオズキカメムシ



てなことでまたしても羽化レポでござんした。



そして昨日。
我が家のオリーブ@ベランダには。

クサギカメムシか

生まれたて……じゃねーけど(2齢くらい?)、
カメムシ幼虫がわらわらしとった。
出現率が高いクサギカメムシあたりかな。

しばらくそのままおっていいけど、
せいぜいヤモちゃんには気をつけることだな。
あと、でかくなってちうちうの度が過ぎると、
相方が追っ払うかもしれんけど。
あ、ヤモリってカメムシ食うのだろうか??



ちうちうといえば


おとといの朝、隣の林からミンミンゼミの声!
やった!今年も出てきたか!

九州でのミンミンゼミといえば山地性のセミ。
ちょっと高い山とか、気温が低めのところで生きとる。
ところが隣の林からは年に1〜2回聞こえてくるんよね。
市内中心部にほど近いド平地に取り残された、
ちょっとこんもりとした鎮守の森的な丘ですよ。
よくもまあこんなとこでと思う。
もともとはつながっとった虫歩きコースの山にもおることが去年わかったけど、
どちらもさぞ肩身のせまい思いじゃろうて。

ほんの短い間鳴いた後はその山の方に移動したのか、
その後はまったく聞こえんかった。
つかの間の清涼感。
来年も聞けたらよいなあ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。