FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

旅するウサギ、出戻る黒子

盆休み、いっしょに里帰りした黒ウサギことクロコノマチョウ幼虫。

やっぱしサナぐ足場用に、何かしっかりした植物を
用意してやった方がよかろうかと思いあぐねとる間に
エサ用のススキでサナいだのであった。
エサかえは2日に一度必要やったけど、どこにでもあるもんやったし、
手がかからん子やのう。

サナいだのが15日やったけん、羽化は23〜25日くらいやろとアタリをつけとった。

が。


多忙のためすっかり忘れており。

23日朝、起きた時にはすでに羽化っとった。

クロコノマチョウ


うす〜く翅を開いた時に見た感じでは、またしても夏型オスくさい。
翅表の蛇の目紋はほとんど消失しとる。

「翅乾燥のため開いた時にじっくり見ーよおっと」
としばらく放置してしごとにかかって、思い出したのは午後。
すでに飛び回る状態なり。
こおなると、前回思い知ったごとく、翅表を撮るのは難しい。

飛んで、止まった直後に2度ほどぱた〜ぱた〜、とさせることはわかっとる。
わかっちゃおるけど、そのタイミングでファインダーにとらえ、
ピン合わせてシャッター押すのがいかに難しいか。
(部屋の中の黒い物体のせいか?オートフォーカスがまともに働かん!)
しかもストロボ使わんといかんので、一度撮ったらチャージに1〜2秒かかったりして、
そのタイミングが裏にハマると最悪。
キーーーーーッ!!!!
カメラに罵詈雑言吐きかけて、家族の失笑を買い……
とゆう前回のような思いはしたくないので、
翅表の撮影は断念した。



で、リリースしようと部屋の窓を開けて追い出したところ、
「あれっ!? まだ明るいやん! まちごーたー!」
とばかりにUターンして、
出て行った窓から、あわてふためいてまた飛び込んで来た。
おもろいやつやなあ。

そげんイヤか、昼間飛ぶのが。
10メートル足らず飛べば林だとゆうのに。
部屋の中だと窓辺に行きたがるくせに。

クロコノマチョウ

今度は真っ白い壁に静止して動かず。
めっちゃ目立つんやけど。
薄暗がりに行きたかったんじゃねーの?
………。
まあおりたいところにおりたいだけおればいいさ。


夕方まで放置して、日が暮れるころ放すと、林に向かって飛んでいきました。


林の中だと昼間でも普通に飛びよるけど、
あれはすぐに紛れることができる環境にあるけんやろなあ。
実際、動きを止めたら探すの困難やもんね。


しかしまあ、賢いのか賢くないのか、
本能にとらわれるあまり、本末転倒な行動をとる虫に、
「おかしみ」を感じるできごとでありました。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

スポンサーサイト
0

決め手なし

お盆休み、我が家は相方の実家(筑紫野)〜私の実家(玉名)とゆうのが定番。
今年はラッキーなことに5連休となった反面、
虫たちをどしたらよかろうかと、ちと憂慮した。
先日7日にサナいだクロorウスイロコノマチョウは、
ちょうど留守中に羽化る可能性が濃厚やし、
一方の終齢幼虫も2日ごとにエサ換えてやらんといかんし。

ひとり脳内協議の結果、幼虫は一緒に里帰り、サナギは留守番。
でも羽化った時のために昆虫ゼリーを置いて行くことにした。
こんなとき、樹液食だとこれができていいっすね。



さて、普段以上に疲れて帰って来た16日。

やっぱね。

クロコノマチョウ

元気に飛び回っておりました。


が。


はてさて、これはクロコノマなのかウスイロコノマなのか。
だいたいオスメスの見分けもわかりにくい上、
夏に羽化する夏型、秋に羽化する秋型でも違うし。
共通して言えるのは、夏型はオスメスともに上翅先端下部の突起が小さい。
両種ともオスの方が翅表の蛇の目模様が地味。
あと全体の印象としては、ウスイロコノマのほうが縦長で華奢な感じ。


◎見分け方その1
翅裏の色が薄く、さざ波模様が強いのがウスイロコノマとゆうけども。
クロコノマチョウ

う〜ん、比較物がないけんわからん。


◎見分け方その2
翅表にある蛇の目模様の中の2つの白点、
ひとつは黒の中央部にあるのがウスイロコノマとゆうけども。
クロコノマチョウ

めったに開かん翅、開いた一瞬を狙ってものっすごがんばって撮ったのに
白点ひとつしかねーし。わからん。


結局何の決め手もなかろーが!てゆう話。
まあでも、色が薄いともさざ波が強いとも華奢とも感じんかったし、
印象からクロコノマ/夏型オスでよかろうと思う。
残念ながらウスイロコノマとの遭遇は先送りとなりました。


昆虫ゼリーを舐める様子。
口先のさやの両サイドに、襞状のものが見えますね。
蜜を舐めとるのに必要なものなのか、
それとも果実食のガたちと同じように、
これでじこじこ穴あけたりできるんやろか。
もっとちゃんと撮っときゃよかった。
ま、でもコンデジ付属機能の手持ちデジ顕ではこんなもんか。

クロコノマチョウ
クロコノマチョウ

食べ終わって、姫の手乗りタイムも終わってバイバイしたら、
すぐ戻ってきて、ベランダの片隅に静止。
あ〜〜、ね。
薄暗い林の中を好むクロコノマチョウ、活動するのはやはり夕方からか。
明るい時間帯はじっと動かず、もう日も暮れるって頃見たら、
おらんくなっとった。



そおそお、いっしょに里帰りしたクロコノマも
帰省先で無事にサナぎ、ひと安心。

クロコノマチョウ


けどやっぱりこのサナ殻ふたつ、同じ種類に見えんなあ。
クロコノマチョウ
クロコノマチョウ

てゆか、撮影するとき角度くらい揃えろよ、おれ。
いやだってこんとき暗かったし、三脚出すの面倒やったし、
そのうちちゃんと撮り直そうと思っとるとってばよ。
てゆうて撮り直したことがあるのか、おれは?


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

ウサギ!その2

7月の終わりかけに連れ帰ったクロウサギ(クロコノマチョウ)3兄弟、
(といいつつ、たぶんでかい1頭は兄弟じゃねーけど)
1頭が早くに失踪、2頭は順調に成長しておりました。


そして大きい方はいよいよ終齢に。




と!



ウスイロコノマチョウ

顔の色ちゃうやん!
クロウサギじゃねーし!

調べてみると、なんとしたことか、
南者のウスイロコノマチョウか!?
定着は南西諸島以南とされとるけど、迷蝶として九州・四国はもとより
本州においてもあちこちで記録があり、その個体を元とする発生もあるげな。

ただ顔の色だけでは決定打とはなりにくそうな気配。
クロコノマも個体差があって、こんな顔色のやつもおるそうな。
今までは黒しか出合ったことねーけど。

まぎらわしい。


で、こいつが何をしよるかとゆうと……

ウスイロコノマチョウ

窓ガラスに足場をつくっておる。どこに行くつもりか?

よー見えるけん拡大撮影もしてみてみた。

ウスイロコノマチョウ

けどどこまでも行かれるとあとが面倒やけん、
移動するならば、とゆうことでケースに入っていただいた。


それから数日。
サナぐ足場にススキじゃあ細すぎて心もとなかろうと、
試しに挿しとったイヌビワにて静止。
前蛹になり……
ウスイロコノマチョウ


サナいだ!


ウスイロコノマチョウ

グミじゃグミじゃ。

さて、あと何日かすれば、その正体が判明する。予定。(仮)



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ


2

ウサギ!

世の子どもたちが夏休みに入る前のこと。
さほど虫に興味のない友人たち(女子)に、
クロコノマチョウの幼虫の写真を見せたところ、

クロコノマチョウ

「いや〜〜〜ん、なんこれ〜〜、カワイ〜〜、
クロウサギや〜〜ん」


見せたこっちがたじろぐほど、思いのほかウケがよい。

かわいいよ、もちろん。
やけんいつも言いよろーが、
虫はかわいい、イモムシはかわいいって。
あーそうね、クロウサギ限定ね、はいはい。

そうか、やはりこのわかりやすいカワイさなら、一般的にもOKなのか。
別にそれで人寄せしようとゆう魂胆があるわけじゃねーけど、
前々から育ててみたかったこともあり、念入りに探してみた。



はたして、林縁部のススキにて久しぶりの再会。

クロコノマチョウ

まだまだ小さくて頭のツノも短い。

クロコノマチョウ


こっちはさらに小さく、頭部のツノもコブ程度しかない若齢幼虫兄弟。
上にある白いポツポツは卵の痕でしょか?

ススキの調達なんか一切困らんし、
この際まとめて面倒見ちゃろ!とはりきって連れてきた。



ある日、相方が「頭が二つある!」と叫ぶので見に行ってみると、
なんのこたあない、脱皮殻がくっついとるだけやん。

クロコノマチョウ

ぶんぶん頭振りながら、はずそうとがんばりよる。

前後を兄弟たちに挟まれて励まされ、無事に脱皮完了。

クロコノマチョウ

脱ぎたての顔って、
みーろい(緑色をしているの意:by幼少期の姫)んやねえ。

クロコノマチョウ

けど、同じ時期に生まれて、こげん成長差って出るもんやろか?
これ兄弟じゃねーんじゃ?

と訝っておったところ、この後、小さい1頭が消滅。
どうなったかさっぱりわからんけど、
残り2頭、順調に成長しますように。



その後も成長差は縮まることなく、2頭ともスクスク育って……

クロコノマチョウ

つづく。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。