ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
2

モップ!

あいかわらず更新がままならぬのである。
が、1年がかりだったストレスまみれのしごとが
昨日でようやく終了。
憑き物が落ちた晴々した気分なので、無茶を承知で今日は一筆。



週末、ロコ虫友から「山中でマルチーズ発見」との一報があった。
その日はたまたまそっち方面へ行く用事もあって、
ならば!と猛暑・多忙の中、いざ出かけて行ったのでした。


山道をしばし走り、ちょっと開けたところにあるミズキ。

おお、なっとるなっとる。
あっちにもこっちにも。

アゲハモドキ

アゲハモドキ幼虫です。
やー、はじめて見たー。
思ったよりでけー。

ウンコがついとるので上がお尻てわかるけど、
なかったら前後わからんばい。
ちなみにこれが顔ですが。

アゲハモドキ


虫友はマルチーズと言うが、私的にはコモンドール。
そう、BECK「Odelay」のあのモップ犬です。

BECK/Odelay

ロウ物質を体にまとうその姿は、
「ほら、どんな感じか触ってみたかろ?」と
訴えよるようなんもんで、
もちろん姫がそのささやきに抗う術を持つはずもなく。

「ふわふわしてすぐ取れるし、ハゴロモの幼虫と同じ感じやけど、
長い部分はなんとなく芯がある感じもしたよ」

げなですよ。
うーむ、剥いてみたい。
小学生の頃の自分やったらまちがいなく全部剥いとるな。
なんのためにまとっとるんやろなあ。

連れ帰って成長を見届けたかったけど、あいにく食草の確保ができん。
近所で成虫は見たことあるけん、どこかにあるはずではある。
姫が言うには向かいの森(広大な敷地の人んち)の横で、
道ばたに落ちとるヤマボウシの実を見たことあるらしい。
けどいくら今は誰も住んどらんてゆうても、
人の敷地に入ってまではねえ……
大人ですから。
来年までに見つけておこう。



で、その夜。

アゲハモドキ

うまいこと成虫とも遭遇。

ジャコウアゲハ♂ですね、まるで。
本家と比べてもよー似とる。

ジャコウアゲハ

アゲハモドキ

残念ながらオスの写真じゃないけど上が本家♀、下がモドキ。
似とるけど、実際見たら、明らかに本家より小さいけん一目瞭然ですが。

幼虫時代に毒の草を食うことで、身を守る術を身につけたジャコウアゲハ、
それに擬態して身を守る術を身につけたアゲハモドキ。
だいたいジャコウアゲハが毒持っとるって、なんで知っとるん?
どのくらい外敵に対して効果があるのかは知らんけど……

それでもどっちもすげかろ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

スポンサーサイト
2

犯人さがし

たいそう時が過ぎてしまった。
もうネタも賞味期限切れな気もするけど、
最近ろくに歩きすらできとらんので腐りかけのネタで。


6月の終わり頃のこと。
ヤマモモの木の下をなにげに通り過ぎよったら
地面に切り落とされたたくさんの葉先が散らばっとる。

ガ/未同定(ヤマモモ)

木の下にはこんなんがいっぱい。
若葉の先端部だけを狙って切り落としとるふう。
それは林の中だけでなく、住宅地でも見られる。

ガ/未同定(ヤマモモ)


犯人はだれなのか、なんのために切り散らかしとるのか
つきとめようと見上げるも、枝は高く、葉まで見れる木がなかなかない。
そのうち背が届く木を見つけて、葉上・葉裏としつこく探してみたけど
これがまた見つからん。

ガ/未同定(ヤマモモ)

先を切り落とされた葉はこんなふう。スパッと直線的。
犯人は当然葉におるもんとばかり思い、
そやって上ばっかり探しよったですよ。

したらある時ふとしたきっかけで、地上に落ちとる葉が動いたように見えた。
道路上やったし、風? 車が通るときの風圧?
と最初は思た。
けど確実にじわじわ動きよるのがいくつもある!
なんか! そおゆうことか!

ガ/未同定(ヤマモモ)

おまえか! 犯人は!

ガ/未同定(ヤマモモ)

まあ予想はしとったけどガっちゃんやね、やっぱり。

葉のやわらかい部分で蓑つくって、自分ごと切り落として
その蓑を食べながら地上生活するっちゅうわけね?
なんで?
そのまま樹上生活したほうが便利そうやけどねえ。
地上で移動することにどおゆう意味があるんやろか。


思いっきり伸び出たらこれくらい。てゆうても全長10ミリ超程度。

ガ/未同定(ヤマモモ)


これはだいぶ時間がたったあとか?
うんこがたまっとるし、しっかり綴じられとる。
ちゅうてもまだ葉はみーろいけん、そんな何日も経っとるとも思えん。

ガ/未同定(ヤマモモ)


一方こちらは若齢。
綴じ方がゆるくて開きっぱなしのも多々ある。

ガ/未同定(ヤマモモ)


ま、こんだけ特徴ある生態やし、検索したらすぐわかるやろ、
と軽い気持ちでその場をあとにした。

忙しさにかまけて写真すらチェックせず、
もちろんちゃんと調べもせず放置しとったのが失敗。
その後思い出して検索したはいいが、なんと!
わからんやんか!

ヤマモモを食害するやつといえば、
ヤマモモヒメハマキくらいしかひっかからんし、
こんな生態のことなんかまったく出てこん。
こんなことなら連れてきときゃよかった〜〜
すでに写真撮ってから1週間が過ぎ、
とうにフィールドから消えとった。あたりまえじゃ。
今日とゆう日は、それからさらに2週間過ぎとるし。

これはいかん。実にいかんなあ。
忙しさはもちろんあるけど、追い打ちをかけるように
長時間ディスプレイを見るのがきつい。
しごとだけでもきついけん、ブログはついついあとまわしになるわなあ。

しかしこいつの正体と、その後の生態を知りたい!
どなたかご教示くださいませ。
それでもわからんかったら、ひさしぶりに
また某サイトさんの掲示板に頼らないかんかもしれんな。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。