ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

ヒーローズ

今回はひさしぶりに虫話ではなく……

「あなたにっとってその後の人生を変えるほど影響を受けた人物は?」
と聞かれれば、間違いなく挙げられるデヴィッド・ボウイとザ・スミス(バンドやけど)。

今年3月、10年ぶりにアルバム出して劇的に復活したボウイ、
それからずっとボウイ熱が再燃しつづけとるところに!
デヴィッド・ボウイを40年にわたって撮り続けとる
フォトグラファー・鋤田正義氏の大規模な回顧展が
三菱地所アルティアムとパルコにて開催、さらにトークショーも!
てんで、なにを置いても行かないかんやろ。


先に見たのは、著名人のポートレート作品群がずらりと並べられたパルコ会場。
いろんな年代・ジャンルの人物が並んどるけど
鋤田正義とゆうフィルターを通っとるからなのか、
写真が時間的に普遍性を持っとるとゆうか
時代がよくわからん不思議な感覚に陥って、
何度となく撮影年を確認したものでした。
あと、意外な人物の写真もあったりして興味深かった。オザケンとか。


アルティアムがあるイムズでは吹き抜けを利用した展示もあり。

鋤田正義展


トークショーは、今回の展覧会プロデューサー立川直樹氏との対談形式。

写真を撮りはじめたきっかけからはじまり
ボウイとの出会い、
撮影現場のこと、
「ヒーローズ」ジャケ写裏話、
その他のアーティストたちとのセッションのこと、
関わった映画やアーティストのPVのこと、
などなどあっとゆう間の2時間。

間に差し挟まれた映像も、この場限りのレアものもあり。
ニュージーランドのTV出演映像、
昨年英国で出版された豪華写真集
『BOWIE×SUKITA Speed of Life』のPV!

リンゼイ・ケンプ・カンパニーが出演した
Ziggy Stardustツアー中の秘蔵映像!など!

糸井重里氏曰く「鋤田さんは永遠のミーハー」だそうで。
鋤田氏もこのフレーズが気に入って、ことあるごとに自ら言っているらしい。
立川氏はそれについて「ミーハー=好奇心旺盛ってことでしょ」。
最近では是枝裕和監督・AKB48のPVや、
箭内道彦監督・高橋優のPVなども撮影しとる氏が、
70歳を過ぎてもなお第一線で活躍している秘密が、ここにあるような気がした。



展覧会(アルティアム)の方は「鋤田正義展 サウンド・アンド・ヴィジョン」と題して、
最初期〜最近作までを網羅する作品群が、
めっちゃカッコいいレイアウトにより、濃密な空間を作り出していて圧巻。
やはり大伸ばしされたボウイの存在感は際立っとるけど、
初期の子どもたちの群像とか、
近作のスカイタワーの写真なんかも、ものすごいい!

鋤田正義展

レセプションでご挨拶中の鋤田氏。
会場写真はあんまり載せるとアレなんで、これだけにしときます。
写真集や印刷物では味わえない本物の力があります。
会場に足を運んでみてください。ぜひ!
http://artium.jp/exhi/


レセプションでは、私も負けず「永遠のミーハー」であらんと、
サインしてもらおうととりあえずTシャツ買い。

鋤田正義展

でもTシャツにしてもらうともったいなくて着れんくなるけん、
「人生を変えた1枚の写真」と言ってもいいくらいの、
この写真のポストカードにお願いした。

鋤田正義展

70年代のボウイと、この写真との出会いがなかったら
今の自分はおらんかったと思う。

握手もしてもろたけど、いざご本人を目の前にするとカーッと舞い上がって、
さらに着て行っとったモリッシーのTシャツを
「そのTシャツ、カッコイイですねえ!」と言ってもらったりして、
あれこれしゃべろうと思っとったことも、ほとんどしゃべれんかった。
アホウめ、おれ

中には「ヒーローズ」LPジャケを準備して来とる人もおって、
やられた! 持ってくりゃよかった!

まあそんなん、別にいいやん、会えたんやし。話せたんやし。
などと嘯いたりしながら。

帰宅後、久しぶりにレコード出して眺めたりして、遠い目。

鋤田正義展



にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村


デザイン・アート ブログランキングへ

スポンサーサイト
3

続々と

「今年はムラサキツバメを育ててみたい」と
ちょっと前に書いたけど、その直後に発見、終齢幼虫を1頭連れてきました。

ところが、実は去年育てたのがツバメで、ほんとはシジミを育てんといかんかった
てのが発覚したのはずいぶんたってから。
なんじゃそら。
去年エサとして与えよったんが(もちろん捕獲したのも)アカガシだったもんで、
てっきりシジミだと思い込んどったとゆう次第、やろ。
アホウめ、おれ
ムラサキツバメ=マテバシイ、ムラサキシジミ=その他カシ類
と思とったけど違ったんか。
まあかわいいけんどっちでもいいけど。

ムラサキツバメ

最初のエサかえの時、3ミリくらいのチビチビを発見。
連れて来たときの枝についとったんやろなあ。

しょうがねえ、もう1頭面倒見るか、ってんで、
数日後、次のえさ調達に行ったらよ。
江戸っ子じゃねえけどよ。

失敬しよったあたりのマテバシイのひこばえが、
根元からいっぱい切られとって散乱しとる。
なんでや?
といぶかりつつも、切られた直後らしくまだシャキっとしとったので、
これ幸いと全部拾って来たって塩梅でさあ。

このことが大変な事態を引き起こすことになろうとは、
その時の私は知る由もなく。
これを花瓶に挿しといて、そこからちょっとずつ
エサとして与えられて、こりゃイイ!と浮き足立ったのも数日……

その挿しとる新芽にじわじわ穴が空いてきて、どう見ても虫食いの痕。
花瓶の回りにはうっすらと細かーい砂のような黒い点々が無数に落ちとる。
どう見ても虫のフン。

はい、もうお分かりですね。
拾って来たマテバシイには10頭ほどのふ化したばっかりの幼虫たちと、
さらにまだふ化前の卵が数多くついとった、ってわけで。
拾って来たのが暗くなる直前で、よー見とらんかったのが敗因。

それはもうギブアップですよ。
いくらなんでもその数は無理。
たっぷりえさがありそうなひこばえにリリースしましたよ。

それでも居残り組が3頭。
すでにさないだ2頭と合わせて5頭。
それから月日は流れ、残る3頭も終齢になって、
もうじきエサ調達から解放される……
と思っとったら、またいつのまにか3ミリくらいのチビが2頭増えとるし!
……ああ、エンドレス。


↓最初にさないだやつ。
普通は葉っぱを半分綴じたようにしてさなぐもんやと思うけど、
なぜかプラケース(に貼った小バエよけシート)に直付け。

ムラサキツバメ

ムラサキツバメ

上が前蛹期、下がサナギ。




そうそう、あの数ミリしかなかったアケビコノハも、
すっかり巨大(全長約8センチくらい?)になって、
夜中にバリバリ音を立てて食事したり、
何をしよるのか突然「ばさっ」と音を立てて、
相方に「うるさい!」と苦情を言われるほどに成長しました。

これは公開する機会を逃してしまった、まだまだ幼い頃の写真。

アケビコノハ

で、成長しきったところで写真を撮らねば、と思っとったら、
日常に忙殺されとるうち、葉っぱを集めて繭作るためにこもってしまった。

おととい、その枝がささった瓶を移動しよったら……
ぶるっ、ぶるっ、ぶるっ、て明らかに何か意図を持って動き始めた。



最初、もしかして羽化った?とか一瞬思たけど、どう考えても早過ぎ。
のぞいてみたら当然サナギやった。
これも護身術/威嚇行動のひとつなんやろか。
さないでからまで騒がしいやつ。
何から何までかわいいやつ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

黒装族羽化

3連休の最終日、2週間前にさないだモンキアゲハのサナギに変化。

すっかり黒くなって、もう頭の突起は透けとる。

モンキアゲハ

モンキアゲハ


間違いなくもうじき羽化る!

いい時に見つけた。ラッキー!

で、三脚をセットして、
振り返ればすぐ見れるところに置いてしごとしよったら

……あ! やってもうた!
そう思って振り返った時には後の祭り。

モンキアゲハ

いや、初めのうちは10分おきぐらいにちゃんと見よったんやけど。
でもね、しごとしよったら結局没頭するやろ? やけん「ながら」はいかんて。
とゆう失敗をどんだけ繰り返せば学習できるのか、
おまえは!
 おれは!

まーーー、でもこんだけ間近でモンキー見るのは
相当ぶりじゃなかろうか。
自分でアミ振り回すこともそうないし、飛ぶの早いけん姫も捕りきらんし。

美しかーー! ほんとに。

モンキアゲハ

モンキアゲハ

新しい自分の口の動きを確認するように、
何度もストローを伸ばしたり丸めたりする様が優雅で、前から好きやった。
このまえ書いたごと、http://couleur64.blog.fc2.com/blog-entry-108.html
羽化直後のストローは左右に分かれとるらしいけん、
その合わさり具合の調整なんかな?

数時間体を休めたのち、向かいの林に消えていきました。



そして今日。
モンキーから遅れること数日後にさないだクロアゲハのサナギを見ると、
今まさに、羽化! 出てくる瞬間やった。
ので、また羽化写真はありません。
さないだのも羽化ったのもプラケースの中やったし、
羽化後もこんな写真しか撮れんかった。

クロアゲハ

もう1頭さないどるけん、そっちはちゃんと撮る! 



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

2

発見

ここんとこたてこんどって、しかもちょっと調子悪くて、
満足に歩きもできず、たまったネタを書くこともできず。
早よせんと、虫は季節限定とわかっちゃおるけど。


ようやく発見しました、ウラギンシジミ(幼虫)

ウラギンシジミ

終齢やけど。終齢になるまで見つけきらん。
クズの花にまぎれとったら、わからんもん。
食痕が頼り。

このまえウラギンらしき卵は見つけたけど、それは見送った。

ウラギンシジミか

今日のはもちろん連れ帰り。
きっとまたあっっ!という間にさないでしまうんやろなあ。

やけん、忙しかったけど撮影がんばりまちた。

まずはじっくりと食事風景をば観察。

ウラギンシジミ

こんなずんぐりした体して、本当の体?と顔はその下に隠れとる。
のが、食事の時によく見るとわかります。
てゆうてもスチルじゃ限界があるけん、動画も。



表面はじつはただのプロテクター?
ってほど、分離して中身だけがもぞもぞ動きよる。
いやもちろん分離しとるわけないんやけど。
時折見える顔と動きがかわいかー。

臆病であるがゆえの一流の擬態と体の作りなのかねえ。



さらに面白いのが、護身のためか威嚇のためか、お尻の突起から出る花火。
てゆうても、もちろん花火のわけなし、
それが何でできとるのか、どおゆうメカニズムなのか
さっぱりわからんのやけど。


今回その花火をやっとスチルに収めることができた。
三脚にカメラを固定、ピントも固定。
右手にレリーズ、左手に筆。
筆でこちょこちょしたら、出してくれました。

ウラギンシジミ

ウラギンシジミ

こっちも動画あり。



この行動は外敵に対して、いかほどの効果をもたらすものなのか。
アゲハ族の肉角はあんだけ強力な臭いがあるけん
いくらかの効果はあろうけど、こっちはどうなんやろねえ。


おもしれーーーー。
もう愛おしくてたまらん。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

未発見

ウラギンシジミの幼虫が見つからず。
ここまで苦労せんかったけどなあ、去年は。


見つかるのはコメツキムシの仲間、とゆうわりに
なかなかパッチンしてくれんサビキコリだったり

サビキコリ


ホソヘリカメムシだったり

ホソヘリカメムシ


顔が隠れて正体不明のゾウムシだったり

ゾウムシ/未同定


葉の上には、「クズといえば」でおなじみの
オジロアシナガゾウムシが。

オジロアシナガゾウムシ


ハキリバチのなかま(未同定)の
こんな愛らしいポーズを間近で見れたり。

ハキリバチ/未同定

ハキリバチの仲間は、足に花粉をつけて運ぶミツバチと違って
お腹にくっつけて運びます。
せっかくつけた花粉がとれんように、かどうかしらんけど、
花粉を食べるときはお腹をキュっと上げて、そらあもうじつに
ラブリー!


クズにはつきもののマルカメムシの臭撃に合いながらも、
ひと叢でこんだけ見れるけんねー、
クズってやっぱり人気者。

にしても、ウラギンはいずこ?


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

4

繁忙期

9月はいそがしい。
なんちゅうても、虫たちの夏の活動の成果があらわれるけんねえ。
探す方も真剣にならんと見つからんのもおるし。
おのずと歩く時間は引き延ばされ、反比例して距離は短くなって。



昨日のおみやげ、アケビコノハ

アケビコノハ
アケビコノハ

この写真からはイマイチわからんと思うけど、
もうたまらんかわいさですよ。
大人の指先と比べてこのサイズですよ↓

アケビコノハ

このサイズ見つけたのははじめて。
眼状紋も眠たそうに半開きやし、まばらな体毛も見える。
ほかにもちょい大きい兄弟たちがおったけど、あえてこいつを連れてきました。


−−−−−−−−−−


続いて本日のおみやげウンモンスズメ
と思うけど。ニレの根元の笹におったけん。落ちたんでしょうか。

ウンモンスズメ

ウンモンスズメは、濡れそぼったヨレヨレのやつしか見たことなくて、
かねてからピカピカの成虫を見てみたいと思っとった。

ウンモンスズメ

羽化したてはさぞ美しかろう。


−−−−−−−−−−


実はここんとこ、ずっとフジでコミスジを探しよったんですが、
なっかなか見つからんもんで。
やっと今日形跡だけ見つけました。

コミスジ

さな殻やけど。
成虫はあんだけおるのに幼虫はなかなか見つけきらん。
林の中をピラー、ピラー、と飛ぶ姿に見覚えある人も多いでしょ。
よく見ると前胸は玉虫色だったりして、きれいなんやけども……

コミスジ

でもね、やっぱこっちですよね。

コミスジ

村山元首相的な眉毛(じゃないけど)、求道者的なたたずまい。
いまだ一度しか出会えておらん。
しかも毎日定点観測しよったら、ある日、
サシガメにやられたであろう変わり果てた姿に。
今年こそは、て毎年言いよる。


−−−−−−−−−−


去年、ムラサキシジミの飼育は成功したけん、
今年はムラサキツバメを探そうかな、と画策中。
でもシジミのほうもチェックはしますよ。

ムラサキシジミ

まだ5ミリほどのチビ。
こんな小さくてもちゃんと甘露は出せるんやろか、
しっかりアリが寄り添っとった。

今んとこ、いろいろお世話がたいへんなので、今日のところは自重しました。


−−−−−−−−−−


はあ〜〜、今年こそ、ってのがまだまだいっぱいあるんやけどなあ〜。
「ウラギンシジミの幼虫の威嚇行動(通称・花火)を写真で撮る」もまだ果たせん。
今年はそもそも幼虫自体を見つけきらん。
今日で3日間、クズ群生地とかハギとか探してみたけど、
でんでん見つけきらん。
目は明らかに悪なっとるけど、それにしても。
だめだ、こんなことでは。
はよせな花の時期が終わってしまう。

相方には「そんなに生き急いでどおする」と言われるけど、
いやいや、いつまで体が動くかわからんし、
虫たちもいつ絶滅の危機がやってくるかわからんばい。
できることはできるうちにやっとかんと。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

2

マンキ!

かつてゴーキーズ・ザイゴティック・マンキとゆうウェールズのバンドがおった。
現在ではサイケなストレンジポップ系のバンドは珍しくもないけど、
あのころ(90年代前半)ではなかなか貴重な存在であった。

別に何の関係もないんやけど、このバンド名の「マンキ(Mynci)」が
モンキーの語感をもとにつくられた、意味もない造語だったとゆうだけで。
ただ思い出しただけで。




で、このまえからモンキアゲハなのかクロアゲハなのか
確定できぬ個体に悶々としとったけど、結果が出ました!

モンキアゲハ

この90度近い反り返り具合、まごうかたなきモンキーやろ!

頭部のチョキ↓も完全にモンキー!
クロベエはもっと左右に広がる。

モンキアゲハ


プラケースの中でさないでしまったけん、写真映えせんな。
このままやと羽化ったときも撮影しづらいし、ポケットに移そうかなー。



ところでモンキとクロの見分け方として、終齢幼虫時代の、
背中の帯が途切れることが多いのがモンキ、つながることが多いのがクロと、
参考にさせていただいた多くのサイトでも、手持ちの図鑑でも書いてあった。
けどあくまでも「多い」であって、
やっぱりこおゆうことがあるけん一概には言えんところよねー。

モンキアゲハか

ではサナギにならんと確定できんのか?
とゆうと、そうでもない気がする。
今回ちょっとわかったような気がする。
けどそれにはまだ確認観察が必要やけん、機が熟したら書こうかな。


ひさしぶりにアゲハ族にはまっとるなあ、今年。
初モンキー、無事に羽化ってくれんかな。

ああ、そうそう、アゲハ族といえば、ミカド様はあれ以来沈黙したまま。
羽化はどうやら来年のようです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

続報

正体未確定のアゲハ幼虫をさらってきて、2週間弱、
今朝起きたら前蛹になっとりました。

モンキアゲハか

さないだら明らかに形がちがうけん、
モンキアゲハなのかクロアゲハなのか、
いよいよ正体が判明すると思うとドキドキす。
どっちかな、モンキーやといいな。

クロベエでもいいけど、実はまたさらってきてしまったのよね。
2頭も。

クロアゲハか

連れて来たときはまだ鳥フン状やったけど、写真撮る前に脱いでしまった。
かなり緑色が強かったけん連れて来てみたけど、脱皮前だったせいと思われ。
これ、脱皮直後。右下に脱皮殻が見えます。
これもまた背中のラインは離れず、微妙につながっとる。
どっちかなあ。


もう1頭はまだ鳥フン。

クロアゲハか
クロアゲハか

なんかこれはクロベエのような気がする。根拠なし。


フィールドではまだまだチビ幼虫たちや卵が控えとるので、
定点観測の日々っす。


−−−−−−−−−−


連れ帰ろうかどうしようかと思案しよるうちに、
こちらは残念な結果になった。

イチモンジセセリ

前回書いたイチモンジセセリの幼虫、アリたちの食事に変貌しとった。
巣から出てウロウロしよったのは、実はどこか具合が悪かったのかもしれん。
連れて帰っても残念な結果だったかもしれん。

で、こっちを連れて帰ろうかとまた思案中。

セセリチョウ/未同定


−−−−−−−−−−


しかしながら、姫が連れて来たセスジスズメ、
1頭は蛹化準備中、お世話がちょっと楽になるかと思いきや、
えさとして取って来たヤブガラシに、新たなチビが。
えさ担当の姫、「小さいのがついとったけど、それは連れてこんかったよ」
てゆうたくせに!

やっぱりツメが甘い。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

晴々

一気に涼しさを運んで来た雨が、ようやっと上がった。
歩くにもさわやかでよかよか。
今日はこの数日間の鬱憤を晴らすべく、行ってきましたとも虫歩き。


久しぶりのいい天気に、ウシカメムシもニコニコしとった。

ウシカメムシ


−−−−−−−−−−


出会う虫たちも、だいぶ秋めいてきましたねえ。

夏の終わりごろ成虫になり、やかましく鳴き始めるアオマツムシ

アオマツムシ

マンソン4階の我が家は、お向かいの林の木々が目の前にある。
てことは、樹上性のアオマツムシの声をまともに食らうのですよ。
でも夜が深まるとどうやらおとなしくなるごた。



その邪魔者が寝静まって(かどうかしらんけど)、
やっと聞こえる大好きな声。
チン、チン、チン、チンと澄んだ声で、これも樹上で鳴くカネタタキ
写真はメスやけど。
葉っぱの間でお休み中。

カネタタキ



−−−−−−−−−−


林の中、日だまりで日光浴中のムラサキツバメのオス。
メスは目が覚めるような群青色の部分があるけど、オスは地味やなあ。

ムラサキツバメ

一般的にチョウってオスのほうが派手ってイメージあるけど、
このひとは逆なんよなあ。不思議よなあ。
かなり年季の入った翅です。そろそろ世代交代か。


こっちもだいぶボロいオス。
木のフリしとったら、すぐ目の前で翅広げて日光浴はじめてくれた。
メスやったらよかったのに。

ムラサキツバメ


−−−−−−−−−−


クロコノマチョウの幼虫を見たくて、
カヤとかススキはいつも軽くチェック入れるけど、
今日はおなじみのかわいいのが。
イチモンジセセリ(?)

イチモンジセセリ

葉っぱを綴じて円筒形にした巣の中におることが多いけど、
今日は外に出て食事中なのか巣のメンテナンス中なのか。
しょっちゅう見るけど、まだ育てたことないもんねー、
エサの管理をどうしたらいいかわからんので、いつもスルー。
いいかげんそろそろ連れて帰りたいぞ!
根から掘って持って帰ったら根付くんやろか、ススキって。
今度やってみるべし。


−−−−−−−−−−


天高く、イモ肥ゆる……

オオスカシバ

秋じゃなくても肥えるけどね、オオスカシバちゃん。
ほんと初夏から秋にかけて、いつ見てもおるような気がする。
存在感あるけんね。
そしてすぐ横には……

オオスカシバ

そろそろまた連れ帰って、鱗粉付き翅の撮影に挑戦せないかんな。



別にな〜んも珍しいのが見れたわけでもなかったけど、ああ、晴々。
イモイモしてくる秋、お楽しみはこれからやな〜〜
すでに3日前、姫がセスジスズメを2頭お持ち帰り。
ちゃーんと学校帰りにエサはとってくるけどよ……
ピンコピンコかわいいのはわかるけどよ……
もうセスジはいいやろ!



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

モンキーかクロベエか

先日のミンミンゼミの声ポイントは、
アゲハたちの天然食草として最もポピュラーな
カラスザンショウの繁茂地でもあるんやけど、
どうもいまひとつ寄りが悪い。
開けた場所だと次から次に幼虫たちが見つかるんやけど、
林の中やけんかなあ。
ただ虫影が薄いとわかっとっても、日々ざっと目は通すようにしとる。

なぜならば。
いまだモンキアゲハカラスアゲハを飼育したことないけん。
ミヤマカラスはほぼこのあたりで見つけるのはあきらめとるけど、
この2種はちょくちょく目にするし、見つけたらぜひ育ててみたい!

で、先月27日、モンキーかも!と思われる幼虫を発見。
捕食者にやられたらアレやけん、すかさずさらってきました。

モンキアゲハか

「かも」とゆうのは、この時期のモンキアゲハクロアゲハの幼虫は
よく似とって、見分けがつかんから。(見分けをつけきらん、とも言う)
終齢になるとわかるらしいけん、とりあえず育ててみんと。



で、晴れて終齢になりました。

モンキアゲハか

いろんなサイトで調べてみますと、背中にある2本の黒帯のうち、
お尻に近い方の帯が切れとるのがモンキー、つながっとるのがクロベエらしく。

って、これどっちや?
てゆか、切れそうで切れとらんやん。
けどクロベエとはなんか違うような気がする、と思いたい。
なんの根拠もないけど。
個体差もあるやろし、まだ望みはあるばい。


警戒時に出す紅色の肉角、カラスザンショウ食のせいか、
なかなかに強力な臭いを発します。
サンショウやミカン飼育のアゲハの時には平気だった姫も、
さすがに顔をしかめておりました。

モンキアゲハか



そして食う。食う。食う。

でかくなると、帯がひっぱられて切れるような気がせんでもなかったけど、
やっぱり帯もでかくなって、切れんなあ。あたりまえやけど。
やっぱクロベエなんですか?

モンキアゲハか

モンキアゲハか


ヘビ顔の下は、可愛らしい顔と手の緑ずきんちゃん。
足やけど、どおしても手にみえる。

モンキアゲハか


クロベエでもいいんやけどねー、久しぶりやし。
でもぼかぁ最後まで望みをすてないぞ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。