FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

夏への扉

先週28日のこと。

山から公園内に歩を進め、そろそろ朝の虫歩きも終了という時、
足元をすーっと滑空する小さい生き物。
は? あの飛び方は? もう?
じわーっっとカメラを構えつつ近寄りつつシャッターを押しつつ。
ん〜〜、メタリカンなその背中は、

ハンミョウ


まぎれもないハンミョウ
見慣れすぎとるけど、数ヶ月ぶりだと、なんかこう沸き上がるモノが。
それにしても早! まだ3月ぜ?
ハンミョウて言うたら盛夏〜秋の印象が強いもん。
でも考えてみたら、5〜6月頃は幼虫釣りしよったけんねー。
その幼虫たちを産む親は成虫で越冬して、当然春には活動を始めとるよな。


幼虫釣り。
やりよったですか?

ハンミョウの幼虫は地面に縦穴を掘って、その入口、つまり地表に、
ぴったりはまる平べったい顔をセットしてカモフラージュ、
通りかかるアリなどの小昆虫を捕らえ
穴の中に引き込んで食します。

地面に空いた直径数ミリの穴に植物をさし込むと、
幼虫にとっては邪魔者以外の何ものでもないその草を押し上げ、
排除しようとしますね。
ちょうど草に噛み付いているであろうタイミングで引き抜き、
釣り上げるというもの。
筆を使う有明海の「アナジャコ釣り」と同様ですね。
その性質を利用して、昔から子どもたちのいい遊び相手になっとったと。
ニラをよく使ったらしく、「ニラムシ」の別称もあるほどなじみ深かったという。
別にニラじゃなくても釣れるけど。
釣るのなかなか難しいけど。
幼少の頃、私に教えてくれた叔父は「あもじょ」って呼びよったけど。
「あもじょ」って、なん?



ところで成虫の大きな特徴の発達した大あご、
クワガタなどと同じようにオス・メスで違いがあって、
長くて白い部分が半分以上のがオス、短くて先半分以上色付きのがメス。と思う。
でしょ、去年のこの写真見たら。

ハンミョウ

交尾の時、後ろからメスをしっかりつかまえておくためオスはアゴが発達した、
という話をどこかで聞いたような聞いとらんような。
大田こぞう女史の話だったかもしらん。

てことで、この日のはオスか。

ハンミョウ


立派なこのアゴ、強そうに見えるけど、人間にはまったくの無力なので
もしアレやったらつかまえてみてん。
郷愁を誘う独特の香りも味わえて、なかなかオツなもんです。

なんかこのギラギラ見たら遠い夏がよみがえって、しばし至福の時に浸れり。
この日もその前日にも仕入れた他のネタあったけど、
気分はこっちの価値、こっちの勝ち。


そうそう、サナギで冬を越したウラナミちゃん、残り2頭とも無事羽化りました。
越冬シジミ Ver.2
やっぱりちっちゃかったねー。
模様も薄い。

ウラナミシジミ



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
0

ガガ

どうも最近は集中力に欠ける。
あちこちに食い物が生えとるけん。
ついつい虫歩き中、ツクシやらフキやらセリやら探してしまう。
山菜って、そんなうなるほどうまいもんではないのかもしれんけど、
やっぱりこの時期は食いたくなるもんなー。

のせいで虫を探すつもりが、いつのまにか目的がすり替わっとったりして、
虫果が伸び悩んどる。

このまえ見つけたセリ畑のようなポイントで収穫しよったら、
目の前のセリにウスコカクモンハマキ(かな?まったく自信なし)。

ウスコカクモンハマキ

名前だけ聞いてもなんのこっちゃらですね。
幼虫が葉っぱを丸めて巣を作るガの仲間です。
模様が特徴的やけん、簡単に同定できそうと思ったが、甘かった。
やっぱしガの世界は深い〜。


−−−−−−−−−−


でもこちらは見まごうことなき春のひとコマ、
マサキにて集団食事中のミノウスバ
卵越冬して、春になってふ化した新幼虫たち。

ミノウスバ

今はまだ1センチもないけど、終齢幼虫で2センチ程度までなる。
LOVE FMパーソナリティ・大田こぞう家の隣家では、
毎年GWごろになると、幼虫の集団大移動が見られるらしい。
蛹化場所を求めてなのか、植栽を食い尽くしたあげくの新天地探しか。
そのころサナいで、羽化するのは10月くらい。
虫たちが青春を謳歌する夏の間は、寝とるっちゅうわけ。
これは敵が多い時期にはあえて動かん、という戦略らしい。
種それぞれに戦略があっておもしれーのー。


成虫はこんなにきれい。これでもれっきとしたガの仲間です。

ミノウスバ

見てんか、この触覚、透明な翅、ふさふさの毛。
触覚がくし状になっとるのがオスで、
これは以前書いたヒゲコメツキなんかとも一緒。
アイドル
メス情報をいっぱいキャッチせんといかんけんらしい。
これ見ると、懐かしき昭和のおもちゃ「モーラー」を思い出すんよねー。
秋ごろ、へらへらへらへら〜〜と飛びます。
そして交尾〜産卵を経て成虫期間を終えるという。
幼虫・成虫合わせても、活動期間は約4か月。

あまりにも虫たちの生活史は多様で、これが長いんだか短いんだか
色んなのを知れば知るほどわからんくなってきた。
ま、でも、ベストな方向に進化して今の生活を選択してきたんやろし、
その種にとっては長くも短くもない、ちょうどよい一生なんやろな。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

0

The Next Day

今年に入って、大きなレジェンドが
新作を出すという事件が二つ、立て続けに起きた。

ひとつは2月のMy Bloody Valentine「mbv」。
大傑作の前作から実に22年!
ただしこっちは、ちょっと前から活動再開してライブやったり、
「新作出すぞ」宣言もあったりして、
あ、ホントに出たんやー、
ようやくオオカミ少年から脱却したね、てなもんで。


んでもうひとつが、年明け早々大騒ぎになっていたDavid Bowieの突然の復活。
2004年、ツアー中に倒れて療養中、もう第一線復帰はないかもしれん、
というウワサから数年、何のアナウンスもなしにいきなり発表された新曲。
相変わらず、さすがメディアの使い手。
結果、アルバムは各国のiTunesストアで予約だけで1位。
これこそボウイ!
そしてついに先週、10年ぶりのニューアルバム「The Next Day」が出た。

David Bowie The Next Day


ギターリフでゴリゴリ引っぱっていく曲調のものが多いせいか
「Heroes」A面、「Scary Monsters」あたりの感触。
いわゆる「名曲」というのはなさそうやけど、
粒ぞろいで捨て曲なし、緩急入り乱れるという構成は、前2作の延長線的な。
全部曲がコンパクトなのがいいっす。

シングルカット曲のPVには、後期デレク・ジャーマン作品に欠かせない女優、
ティルダ・スウィントン出演。


The Stars (Are Out Tonight)

「1.Outside」でのインダストリアルや
「Earthling」でのジャングル/ドラムンベースみたいに、
あからさまに同時代の動向を取り入れたり、特に実験的なことはしてない。
けども、もちろんディテールはしっかり凝った作りで、
まぎれもない現在の音になっとる。

でもね、今時こんな正統派なロックってアリか?
ってほどストレートにロックなボウイ、復活なわけで。
そのあたりがちと微妙。

ちょっと小沢健二ソロデビューの時を思い出した。
フリッパーズ・ギターで現在進行形の音を追い続けていたと思いきや、
解散~沈黙後のソロデビューでは、クラシックロックな音とともに
「歌」への回帰を見せたあのとき、最初はやっぱし違和感あったもんなー。
でも聴けば聴くほどよくなって、
結局、それこそが時代の風穴だったってことに気づくわけやけど。

70年代、新作ごとに先取りし続けたと言われるボウイの
2013年の新作、はたして風穴になり得るのか?
とりあえずコンセプトアルバム的なムツカシサもなく、
万人にお勧めできるアルバムとは言えるかもしれん。
「老人ロック、ここにあり」的な。
あ、でもまったく年齢は感じさせんですけどね。
むしろ若返った感すらある。

−−−−−−−−−−−

David Bowieを知ったのはQueenとの共作“Under Pressure”でした。
そしてあの「Let's Dance」騒動で、はじめてアルバムを聴き、
ベスト盤を聴き、一気に過去作を聴いた。
しばらく取り憑かれたようにボウイばっかり聴いた。
でも残念ながら80年代のボウイのその後は、
聴き所が“Loving The Alien”だけという超駄作「Tonight」、
世間の評判ほどヒドい出来ではないと思ったけど、やっぱしセールス不発だった
「Never Let Me Down」と、散々。

そして、そのころ自分の興味がUK・USインディー系に移行、
メインストリームのロックに興味が戻ることもなく、
それから20年近く、新作はまったく聴いてこんかった。

ところが何年か前から、何のきっかけだっか忘れたけど、ボウイ熱が再燃。
90年代以降のアルバムもすべて聴いた。
往年のとまではいかんけど、悪くなかった。
特に近作「Heathern」「Reality」とか、かなりイイ。
なんでこれ、リアルタイムで聴いとらんかったんやろ、もったいねー。

ただねー、今回の新作含めて21世紀に入ってからのこの3作品、
70年代の作品群みたいに、10年先、20年先まで聴き続けるか?
と問われると自信なし。
まあ、そんな作品を何枚も残しとること自体が奇跡的なことで、
ボウイを伝説の人たらしめとるところなんやと思うけど。


Life on Mars? (1971)

は~~、なご~なった。

今回のようにロックなボウイももちろんいいんやけど、
実は個人的には「Hunky Dory」のPOPさが大好きで。
いつかまたあんなアルバム作ってくれんかな。
と無理なのは知りつつ、書いてみるのもまた一興。か?


にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村

0

冬越えて

初夏のような気温の日が続いた先週、
越冬組のサナギたちも変化があるかも、と
土曜日、ルリシジミ(たぶん)がさないどったプラケースをのぞいてみた。

ウラナミシジミ

あ!やった!黒なっとるやんけ!
こりゃ明日羽化るな、間違いなく。
羽化る瞬間はたぶん撮れんめーけど。
狙っとっても、こっちが凝視しとるのを知ってか知らずか
ちょっと目を離したスキに出るけんなー。



そしてその日曜日。
しもた。完全に忘れとった。
仕事に没頭しとったし。
思い出したのは昼過ぎ。

ウラナミシジミ


しゃー!やった!
でも小せえ〜。越冬型って、こんな小さいったい。
てゆか、ルリシジミじゃねーし。
ウラナミやし。

まー、このまえウラナミのこと調べよって、
ルリじゃなくてウラナミかも、との予想はできとったけど。


ここまでの顛末はコチラ↓
春待ち
越冬シジミ Ver.2


よかったー、無事で。
その日は結局動かず、次の日去って行っとった。
でも昨日からまた寒いんよねー、動けんくなっとろうや。
ま、それもしばしの辛抱、はやくお相手が見つかりますように。

遅れてさないだ残り2頭はどうかなー。
さらにサイズ小せえし、サナギの形もどうもちょっとあやしい気がするんよねー。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

0

John John Festival

今回は音楽ネタで。

昨日、John John Festivalのライブに行ってきた。
日本人3人組のアイリッシュバンドです。
忘れもせん2010年12月、大田こぞう女史のラジオ番組で
生出演ライブを聴いて、瞬殺されました。
その日の夜、タワレコのインストアライブで観て以来、2年ちょいぶり。
去年の来福時はどうしても都合つかんかったもんなー。

今回はサポートメンバーなし・3人のみでの九州ツアー。
しかも会場は全部小さい。
間近で観れることまちがいなしやったんで、これはぜひとも行かねば!
てことで、一家3人が都合のよさげな月曜19時@ハチミツボタンを予約。
死にそうな年末進行の中、強行軍で行ってまいりました。


昨日はちょっと寒さが戻ったけど、いやいやー、熱くなりましたよ。

客席との距離の近さにまずびっくり。距離、てゆか、距離なし。目の前やし!
膝、当たりそうやし!
お店の雰囲気も、可愛いけどやりすぎてない、ちょうどいい塩梅。
雰囲気ぴったり。
トシ・バウロンさん曰く「今まででいちばんアットホームな会場」。
当然マイクなしの生音のみ。
楽器ひとつひとつの響きが粒立って、気持ちいい〜〜。
けど、耳が受ける刺激以上に体が受ける刺激の方が強くて、じっとしておれん。
アルバムももちろんいいんやけど、3人の化学反応から生まれる
その場のグルーヴは生でこそ! 体幹直撃型ミュージック!
やっぱ思いっきり楽しい!
本人たちもめちゃくちゃ楽しそうやし。

John John Festival


second star

一方、今回はしみじみな歌モノも多かった。
奇しくも昨日は3月11日、
実は震災後に書かれた曲だったという「I Was Wrong in Soul」の
トシさんvocalバージョンも沁みたし、
ジョンちゃんの声が美しい「古い映画の話」ももちろん、
はじめて聴く曲も、ぜんぶよかったー。


古い映画の話

終演後ハイに陥って、音源は持っとるのに、
勢いでCDブツ買いに走ってしまうという愚行にも
ちゃんと応えてサインまでしてくれました。
てゆか、手ぬぐいが売り切れとらんかったら、
手ぬぐいにしてもろたと思うけど。
そして、物販担当?アニーくん自ら「まったく使えない」と評するトレカ。
6枚+シークレット2枚がセットになったもの。
「こんなん何に使うん?」とツッコミながらも、
そのシークレットが見たくて買うてしもた。
(写真にはその2枚は入ってません)

John John Festival

2年前のタワレコ終演後、おしゃべりさせてもらった姫、
「おぼえてくれとるかなー」とか言いよったけど、
ちゃーんと3人ともおぼえてくれとったし、今回もいろいろかまってくれて。
最後はさすがに眠くなった姫も「ものすご楽しかったー」と大満足。
このお店オリジナルな「豚丼」もめっちゃおいしかったし、
つかの間の休息をありがとう。

John John Festival


にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村

0

続・続々と

24℃まで気温が上がったおととい、
外は朝からもう春のにおいプンプン。


土手の枯れ草に、この春初のイモムシらしいイモムシ発見!
うれしさのあまり、ほお擦りしたくなるね。
ヒメエグリバ

黒ベースにオレンジ&薄黄色のドットで、カラーリング的に
一瞬セスジスズメとかフクラスズメに見えんこともない。
帰って調べたらどうやらヒメエグリバ
食草はアオツヅラフジらしい。言われてみれば、そんなんあったかなあ。
サイズからすると幼虫越冬か。陽気で動き出したかな。
写真に収めるのは初めてかも。
でも、石垣の上の高いところやけん、これ以上は寄れん。
もっとでかく撮りたいけど足つりそう。


−−−−−−−−−−

そして、まさに春到来の代名詞、
ビロウドツリアブ!

ビロウドツリアブ

長ーい口で花の蜜を吸ってまわります。

ビロウドツリアブ

休憩中、寄りでいただきました。
いつ見ても愛くるしいねえ。



−−−−−−−−−−

して、クサイチゴの葉の中に白い物体。
おまえ様はまだ冬眠中かな?

マエアカスカシノメイガ

シジミかと思ったらちごた。
おお、半透明の翅が美しい。
マエアカスカシノメイガだった。

マエアカスカシノメイガ



−−−−−−−−−−

おまけ。
メジロの集団も大騒ぎでした。

メジロ


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

0

続々と

おととい19℃、昨日は日中24℃まで上がった福岡。
今日もTシャツ1枚でちょうどよいくらい。
5月ですか?
我が家では、活動を始めたテントウたちを
毎日毎日外に出してやらんといかん。
ちょっとめんどくせえ。


外でも、そりゃみんな朝から活動的だったはずですよ。
まずはちょっとした住宅街の緑地で、
チョウセンウグイスの間抜けな鳴き声からスタート。
以前は「ヘッタクソなウグイスがおるもんやな」と思っとったけど、
近年、亜種扱いから別種に認定されたんだとか。
ウグイス同様、声は聞こえど姿は見せず。ので、写真はナシですが。
「ホ〜〜、ホケキョ」とケが1個多い。


−−−−−−−−−−−


行く手にぶらさがる小さきもの。

ミノガか

ミノガの若齢幼虫?
5〜6ミリしかねーし、揺れるし、いっちょん撮れん。
こんな写真じゃなんもわからん。
じゃ載せるなって。
でも、いきなりすべてが一気に動き出した感じ、
浮き足立ってしょうがないので、何でも撮るし、出し惜しみナシ!


−−−−−−−−−−−


ゴマダラチョウはまだ落ち葉の下でした。

ゴマダラチョウ


そらそうやな。
まだエノキも新芽が出とらんし、今起きても意味なし。


−−−−−−−−−−−


水場の近くではカワゲラの仲間が佇む。

カワゲラ

幼虫期を水中で過ごし、原始的な昆虫とされる。
今は時間がなくて同定しきらん。
カワゲラって何越冬だろうか。
やっぱ水中の方がぬくいけん幼虫越冬かな。
てことは早くも羽化った新成虫か?
幼虫は釣りエサとして一級品、さらに「ザザムシ」として食す地方もあるげな。
まあ、うまいかも。


−−−−−−−−−−−


そしてこのまえ書いたコマツモムシ
数がすごいことになっとった。
この画面の中だけでも11頭見えます。

コマツモムシ


−−−−−−−−−−−


最後は、足元の枯れ草の中から飛び出し、バッタかと思わせといて
今年初のヒメアカタテハでしぱ。
3日の今年初モンシロチョウにつづく大型昆虫。
寝るのが遅くて、目覚めるのが早いチーム代表ですね。
いっぽう、ウラギンちゃんはいまだ動かず。
http://couleur64.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

ヒメアカタテハ


つづく。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

0

蠢動

たまらんす、年度末進行。
数日歩かんと腰が痛くなるけん、できるだけかかさず歩くようにはしとるけど.....

ここんとこ、啓蟄を過ぎただけあって、めっきり春らしくなった。
あちこちで蠢いとる。
「春」に「虫虫」とはよくできた文字やなあ。
今回は、蠢き系が苦手な方はご遠慮いただいた方が賢明かもしれんです。



ちょっと前に書いた、クヌギカメムシ?の卵塊のその後、
そろそろ孵化っとるんじゃないかと思い、行ってみた。

おるおる。
蠢いとる。

クヌギカメムシか

生まれたてやね、まだ体が半透明。

こっちの塊はもうちょっと成長しとる。

クヌギカメムシか


カメムシは幼虫の時はどの種類も固まっとるけど、
やっぱりなんか種の保存的なプログラムが働いとるんだろうか。
繁殖行動できるまで育つ個体は何割ほどおるんやろ。


−−−−−−−−−−−−−−


ひと月ほど前から、林の中のナラ・カシ類、あちこちでこんな具合。

オオワラジカイガラムシ


もっと高密度のところに寄ってみますよ。

オオワラジカイガラムシ


もっと寄ってみますよ。

オオワラジカイガラムシ

たぶんオオワラジカイガラムシの幼虫。
これもカメムシやアブラムシと同じく汁吸い族。
アブラムシと同じように甘露を出して、アリと共生する。

まだ3ミリ程度しかないけど、GWあたりになると10ミリをこえるくらいまで大きくなる。
その頃はさすがにここまで密集しとらんけど、なかなかな見物ですよ。

続きはまたその頃に。


より春らしい本日のネタも近日中に。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。