FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

ベージュカラード・スワロウテイル

姫が名付けた「地獄の階段」は山サイドに沿っとるので、そこそこの段数と勾配がある階段やけど、虫歩きにはうってつけなポイントのひとつ。
今日も息を切らして中盤くらいにさしかかった頃、大型チョウがひらりと。
でた!ベージュなジャコウアゲハ(♀)!

ジャコウアゲハ

あわててシャッター切りまくったけど、マクロ仕様1/200秒じゃこんなもんしか撮れん。
やっととまってくれて、マトモなのが撮れた。

ジャコウアゲハ

ジャコウアゲハ

ん〜〜、このカラーリング、好きやなあ。
でも赤い腹は危険のしるし。

別に珍しいチョウじゃないけど食草あっての存在やけん、ここらへんにはおらんものと思い、数年前には、車で30分以上かけて幼虫&食草確保してきて、育てて、また30分以上かけてリリースしに行って、てなことを何度か。
過去記事参照
ところが2年前、いつものコースで虫歩き中、ついに遭遇しました。
ただもう翅もボロボロやったし、台風後やったし、飛ばされてきたのかと思っとった。

たら去年もまた遭遇。しかも今度は組んず解れつする3頭!
ここらで繁殖しよるのを確信しました。

ジャコウアゲハ

ジャコウアゲハ



だがしかし。
いまだに食草であるウマノスズクサが見つからん。
遭遇ポイントは集中しとるので、間違いなくこの周辺にあるはずやけどなあ。
それさえ見つけたら、毎年幼虫見れるのになあ。
どっちかゆうたら成虫よりそっち見たいんやけどなあ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

スポンサーサイト
2

冬眠明け

いやはや、すでに更新の手順さえ覚束んし。
休みすぎやろ。
これからはみじかく、マメにをスローガンに掲げてやってみよか。
わからんけど。
今はそんな気分。


ではまず一発目はお祝いでしょ。

念願かなって、やっと、やっとやっと
ルリタテハが蛹化!までこぎつけたのはGW中のこと。
やはりタテハ、例に漏れず、サナギにはシルバー部分がペカ!

ルリタテハ

いったい何年越しの悲願達成やろ。


毎年毎年、連れてくる幼虫はことごとくタテハコマユバチに寄生されとって、
これまで一度も羽化させることができんかった。
しかもその寄生が判明するのが終齢幼虫の終盤。
手塩にかけて育ててそのあげく、こんな↓やもん。ヒドイ。
過去記事

ルリタテハ

と、過去記事を探ってみたら、去年の冬眠明けもルリタテハの記事やんけ。
進歩しとらんなあ。

でもちがうもんね、結果が、今年は。


こんな時(体長3〜4ミリくらい)から4頭連れてきて

ルリタテハ

1頭目が前蛹姿勢をとったときはどんだけ浮き足立ったか。

しかもそれからも続々とさないで、4頭とも寄生なし!

ほんとに羽化るのか? 
ドキドキ。




それから10日ほど過ぎた頃。



でた〜〜〜〜〜

ルリタテハ

羽化は見逃したけど、そこまでゼイタクは言いますまい。
この事実だけで十分です。
樹皮に溶け込むこの地味地味な翅裏に対して、この翅表のコントラスト。

ルリタテハ

黒に限りなく近い濃紺に水色の帯と白。
削ぎ落とされた美。
ものすご好き。昔から。

いかんせん背景の汚らしさが、その美しさを打ち消してしまうくらい強力やけど。

顔接写。

ルリタテハ

その後続々と羽化って、結果的に100%の羽化率

今年のGWは予定しとったキャンプを中止したとたん仕事が入って
ほぼずっと仕事やったけど、
しかもその仕事は報われん結果に終わったけど。
つぎ、つぎ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

あ、そういやルリ坊のエサにくっついて来とったこいつ、
カラスヨトウのようでもあるけど……

カラスヨトウ

こないださないだので、近々ハッキリするじゃろ。
つぎ、つぎ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

3

ヘンタイ

もーとりあえず記録しとかんと。

5月に連れてきたジャコウアゲハとオオミズアオのその後です。
どちらも順調に脱皮を繰り返して大きく育ちまちた。

まずはこっちから。

ジャコウアゲハ

毒草ウマノスズクサを食べ続け、
ピグモン期を経て、堂々たるディダラボッチに。
大きくなると葉よりも茎がお好みのようで。

ジャコウアゲハ

前にある3対の本当の「足」と腹部にある4対の「腹脚」(と、お尻に「尾脚」1対)。
まるっきり構造と役目が違うし、足が3対であるはずの昆虫が
なんでこんな多くの足を持つのかの不思議。
そして腹脚のかわいらしいこと。

去年は見損ねたので、ちょんちょんして肉角も出してもらった。

ジャコウアゲハ

きれいな透明感のあるオレンジ色。
ほかの柑橘食アゲハたちと違って、ニオイはあんまし感じん。
体に毒素溜め込んどるけん、ニオイ警告はあんま必要ないのかも。

食草を鉢植えにしとるのでベランダ飼いやったけど、
こおなったら部屋に入れんとどこいくかわからんので……。

しかし去年のようにアミかけんかったので、
サナぐ時になったらやっぱり徘徊。
部屋の中でも行方不明だと観察できんので、プラケースに入ってもらった。
翌日には前蛹に。
体のほこりは徘徊時にまきついたもの。

ジャコウアゲハ


そしてさらに翌日、無事にお菊さんにヘンタイ。
何度目の当たりにしても、↑が↓になるなんて不思議でならん。
これ、食感はきっとマカロン、もしくは出汁巻き卵のどっちかやな。

ジャコウアゲハ


10日後くらい、じんわり黒ずんできた。

ジャコウアゲハ


ある日、起きた時にずいぶん黒かったので
「今日間違いなく羽化るばい」と話して、
みなが朝の支度をせっせとしよる間に、いつのまにか。

ジャコウアゲハ

やられたね。
ぜったいサナギの中から外の様子うかがいよるね。

その日は相方が採集地方面に用事があって、
ついでにリリースできてラッキー。
……のはずやったのに、出かける時間になってもまだ翅乾燥中。
結局その日、うちの車は採集地まで2往復することになったのでした。

そおそお、リリースは市の指定ゴミ袋45ℓに入れて行くんやけど、
放したあとの袋にはあま〜い残り香がたっぷり。
ああ、これがジャコウアゲハと呼ばれる所以の香りか。
はじめて嗅いだ。
う〜〜ん、いいニオイ。
ジャコウアゲハのオスは、ジャコウジカやジャコウネコのオスが出す
性フェロモン「麝香」に似た匂いを出すという。

てことはよ、今年のはオスやったってことでしょ?
てことはよ、色柄からして去年のもオスやったってことじゃねーの?
去年も匂ってみればよかったんじゃねーの?

両方同時に見たら区別できるごとなると思うんやけどなあ、
いかんせんそのチャンスがなかなかない。

なんてことがあったのも、もうひと月近く前のこと。
遅!!
もっとはよ書け!



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

2

天使

先月末のある日、今年もそろそろゴマダラチョウが見納めかとゆう頃合い、
エノキ中心に歩いてみた。
虫たちが姿を消していく晩秋になっても、
行けば姿が見れるこの子らの存在はたいへんありがたい。
羽はちっちぇーけどそらもう天使のような。


予想通りほとんどの葉上からは消えとったけど、
唯一残っとった日当りのいいところの木。

ゴマダラチョウ

お腹周りが毛深くなった冬仕様褐色モデル。

と、こっちには見慣れぬポーズのグリーンモデル。
???

ゴマダラチョウ

なんじゃこの形は。
こんなん今まで見たことない。
食事中以外で顔を上げとるのもはじめて見るし、
体が丸まっとるのもはじめて。
もしかして葉上越冬するやつはこんなポーズなんやろかしら?


さらにこっちには何ものかにやられたらしい、干からびた亡骸。

ゴマダラチョウ

外殻が残っとるとこ見ると、中身だけ吸い上げる肉食カメムシにやられたか?
エサの少ないこの時期、抵抗らしい抵抗もせんイモムシたちは、
カメムシに限らず、さぞかしいい栄養源になるやろなあ。
そう、虫歩きの身にも、ボーズ逃れの保険的なありがたい存在。
この日も予定通り、ゴリゴリになった精神の栄養源になってくれた。


で、後日写真チェックしよったら、丸まっとるやつの謎が判明した。
んん?
拡大して見たら背中にぽっかり穴空いとるやん。

ゴマダラチョウ

どおりで。
これもやはり肉食カメムシの仕業か?


晩秋の心の支えとも春までしばしの別れ。
エノキの根元に積もった落葉の裏で越冬する彼らには
会おうと思えば会えるけどね。
しゃがみこんでがさごそすれば、このように。

ゴマダラチョウ


木に残った葉っぱに糸を張り巡らせた「座」の痕跡があったら、
がさごそしてみるのも一興でしょう。
ただし人目がある時は控えた方が賢明かもしれません。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

0

ねこ2号

さて、寄生バエにやられて早世してしまったコミスジ1号ではありましたが、
こちらは順調に成長するコミスジ2号

コミスジ

サナギまでは無事にたどりついた。

コミスジ

そおだろそおだろ、これが健康なサナギの色っちゅうもんだ。


もお1週間過ぎたし大丈夫やろと安心しきっとったら、
それから数日が過ぎたある朝。
真っ黒になっとるやん!

コミスジ

と一瞬ぞわっとしたけど、あそうか、羽化か。
サナいだあとに寄生が発覚するパターンは前回がはじめてやったけん、
軽くトラウマっとるかもしれん。

それからしばし、たまにシャッター押しながら見守っとったけど、
まだまだかかりそうやったのでその場をはなれた。

コミスジ
コミスジ
コミスジ

あとで写真見たら、ちゃんと腹部が伸びたりの変化が撮れとるやん。
肉眼じゃよくわからんかった。
ここで離れたらいかんやった。


ほら、またやられた。
もー。
絶対狙っとろ?人がおらん時。

コミスジ


やあ、よかったよかった。

前回も書いたけど、コミスジはタテハ科のくせに
ぺたっと翅を広げて止まることが多くて、
翅裏はじっくり見たことがなかったかもしれん。

コミスジ

翅表のツートーンも渋いけど、翅裏のほうこそ美しい。
黒で縁取られた錆色。

コミスジ

翅の三本の白い筋からつけられた「三筋」チョウ、その中で小型の「小三筋」、
まんまのネーミングやし、めっちゃシンプルな姿やけど、
醍醐味は実は玉虫色に光る背中だったりする。(過去画↓)

コミスジ

あと飛び方がいいっすよね。
独特の滑空を交えてぴら〜〜ぴら〜〜と舞う姿は、
ハンミョウと同じく虫歩きの相棒とゆう風情。

思えば幼虫にはじめて出会ったのは数年前。
定点観察しよるうちに肉食カメムシにやられたその個体からはじまって、
なかなか見つけきらん時期を経て、ようやくここまでたどりついた。
時間かかったなあ。

ところがこの後もチェックしながら歩きよったら、
今年はまあ見つかる見つかる。
こんだけおるのに、何をいままで苦労しよったんやろて思うほど。
食痕の特徴を覚えた脳と目がどうやら直結したらしい。
ようやく本当の友だちになれたようです。



さて、1号から出てきたと思われるハエのサナギ、
別ケースで隔離しといたんですが、翌日見ると羽化っとった!

寄生バエ/未同定/コミスジ
寄生バエ/未同定/コミスジ

どこにでもおるようなハエやん?
普通に見よるハエの中にも寄生バエの仲間も
いっぱいおるっちゅうことなんやなあ。
同定にはたぶん時間かかると思われるので、最初から放棄してます。
今そげな時間はない。
すまそん。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。