ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
2

ゆりかご?

めずらしく連日更新です。

昨日、林の出口あたりにあるコナラの葉を見ると、
あちらこちらでこの状態。

コナライクビチョッキリ

なんかの病気にも見えるけど、実際はこんなふうにスッパリ切られており、
その先に縮れたように葉っぱがぶら下がっとる。

コナライクビチョッキリ

だ〜れが作ったかね〜〜。
葉裏をそっと見ていくと……やあ、おったおった。

コナライクビチョッキリ

この巻き方はチョッキリ族のものっちゅうことまでしかわからん。
ので、帰って調べてみたところ、
たぶんコナライクビチョッキリだろ。
いたって普通に見られる種。
漢字で書くと小楢猪首丁切
なんかオトロシイ字面。

オトシブミ族がきっちり俵型の揺かごを作るのに対して
過去記事
チョッキリ族はこんなふうにだら〜んとして、なんだか雑に見える。
揺かごとゆうより、巻くのに失敗した葉巻。
けどこれはこれで意味があるんやろなあ。
ゆうても、この3ミリ程度の母親が、生まれてくる子どものために
エサとなる葉をひとりで巻いて揺かご作るんですよ。
いと、いじらしき。

逆光で見えにくかったけん、人工光にてもう1枚。

コナライクビチョッキリ


もおすでにひと仕事終えたあとなのか、ほぼ動かんのでした。
揺かご作りひさしぶりに見たかったんやけど、
それもまた時間がゆっくりある時じゃないと無理やし、
またの機会に。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。