FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
2

ギタイ?

ちと間があいたけど
前回の直径1メートルポイントに次の日また行ってみた。
昆虫密度がかわらずすごいんやけど、
特にオオワラジカイガラムシがわやわやしとる。
ところがその中に、なんかちょっと違うぞ、ってのが混じっとる。

ベニヘリテントウ

ね?
これ、ベニヘリテントウの幼虫です。
比べてみると.....

ベニヘリテントウ

並べて見ると全然違うっちゃけど、動き方もぽてぽてしとって
オオワラジカイガラムシのメスに色も形もパッと見よー似とるんです。
テントウのほうはやっぱりテントウの幼虫らしく、
足先がポスっと切れたみたいな、カワイイ様相。

でもそこはやっぱりテントウムシ、
自分と大きさ変わらんくらいのオオワラジカイガラムシでも捕食します。

ベニヘリテントウ

つかまえる瞬間は見たことないけど、
どうやってつかまえて、どうやって食い始めるんやろか。
まるごと食うというより体液を吸うということなのか、
近くには干からびたような亡骸が転がっとるんよねー。
この擬態?は、はたしてほんとに擬態なのか?
だったらなんのため?
要観察です。

この写真は奥にオス、右端に亡骸が見えませり。

ベニヘリテントウ



幼虫は粉吹いたように色がハッキリせんけど、
成虫もまた毛深くてぼーっとしとる。

ベニヘリテントウ

光の角度によっちゃ、鮮やかな赤と黒がクッキリ浮き出るけどねー。
模様に惑わされずちゃんと顔が見えるけん、
ナナホシより美形ちゃんに見えますよ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


自然観察 ブログランキングへ


スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。