FC2ブログ

ムシのいい話

身近な虫たちのこと、音楽や文学や映画やアートや好きなものたちのこと。
0

万虫の王

我が家は街の周縁部のマンソンやけど、お向いの大地主の家、
てゆーか森のおかげで、いろんな訪問者がある。


先週のある朝玄関を開けたら、なかなかいいサイズのこんなのがおった。

カブトムシ


おなじみな顔やけど、寄り寄りで見るとなんでもおもしろい。
目ん玉でかいなあ。

カブトムシ

つま先までマッチョ。

なんだかんだゆーても、やっぱりこの存在感・重量感は王様ですよ。

カブトムシ

臭い、うるさい、大めし食らいと3拍子揃っとるので、
うちでは姫以外あんまり飼いたくないカブトムシ
写真撮って逃がそうって言うたけど、姫が聞くはずもなく。
数日間滞在してもらい、昨日リリースした。


お向いさんの森は、窓一面の緑の借景を提供してくれて、
一日中パソコン相手の仕事の目休めに最適。
居ながらにして色んな虫たちが見れて、バードウォッチングもできる。
夏は街中より数度気温も低くてエアコンもあんまり使わんでいいし。
反面蚊は多いし、セミの声がうるさい。
それに冬はやっぱり寒い。

けど人間にとってのマイナス面なんか、
もたらしてくれる恵みに比べたら微々たるもの。
こんな森はいつまでもなくならんで欲しいな。


ちなみに天神の某ペットショップではカブトムシのペア、2,000円也....
どうなん?それ。
もういっそ50,000円とかにしてしまったら。
たら、誰も買わんくなって、昆虫産業も終焉を迎えて、
野山で本当の虫たちの姿を探しまわる子どもたちの姿が戻って.....来んかなあ、
そんなんじゃ。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
1

千客万来

今週後半は忙しい上体調が悪くて、虫歩きにも出かけておらん。
ので、お客さんの紹介。

姫といっしょに見つけた、非常階段に残っていた手がかり。
カミキリの触覚


触覚からカミキリということはわかる。
けどこの上翅の模様は....?
こんなカミキリ見たことねー!
と、拾って帰って甲虫図鑑を広げてみたものの、該当するカミキリはおらん。
ネットでも調べてみたが、該当者なし。

そこで冷静にもいっぺんよーく見てみると....
んん?この模様は見覚えがあるぞ...
なんてこたあない、キノコムシの一種であろうってことで解決。
カミキリとキノコムシ、2体分の残骸だったわけね。
プロじゃないけん、さすがにこれらから種の特定は無理。

てなぐあいに、非常階段の灯火に集まった虫たちは
鳥たちの恰好の餌食になっとる模様。
鳥より早起きせんといかん。
一方、カメムシたちは食われとらんので気をつけて歩かんと、
玄関がカメムシ臭に冒されてしまうのだよ。



そしてベランダの来訪者、ヒメトラハナムグリ
ヒメトラハナムグリ


動き回って写真が撮れんので、姫に協力願った。
見つけたときはレモンイエローの花粉にまみれとったので、
「ンン?こげなハナムグリおったっけ?」と
しばしそのことに気づくまでドキドキしたが、まーそんなことあるわけねーす。

カーペットの上にはなすと.....

ヒメトラハナムグリ


別に突き刺したわけではない。
もぐりたくて自分でこのように。さすがハナムグリ。
そしてさらに.....

ヒメトラハナムグリ


そこまでもぐるか。


このあと姫は、造花にもぐるかどうかの実験を決行。
「もぐったもぐった!」
あーそう、よかったね。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。